気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

働き方

「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?」

 

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)

 

 

題名がそのまま私の気持ちにどんぴしゃで、内容もタイトル負けせず、きちんと応えてくれます。

 

学術的な難しい話も、わかりやす〜く丁寧に繰り返し説明してくれます。

マクロな話、専門的な話は苦手な私でも頑張って読めました。

 

どこを目指して、何になりたくて働くのか。

とめどない毎日に追われて、なんとなく感じていた虚しさの理由を教えてくれます。

ものすごく現実的な話です。

リアルすぎて、なるほど!と思う反面、やっぱり・・・と暗澹とします。

頭では理解できても、感情的に受け入れ難い、そんな種類の話だと思います。

 

初めはとっても面白く、夢中になって読めるのですが、途中から苦しくなってきます。

でも少し、私の思う「適性」に通じる感覚もあって、嬉しくなったり。

 

そして、継続は力なり。

地味な努力を積み重ねることは、よほど好きなことでなければできないんじゃないかと思います。

だから、大丈夫、頑張っていればいいことあるよって、誰かに言ってもらいたい。

こっちの道で大丈夫だよって、誰かに言ってもらいたい。

でも、本当に安心するためには、自分でひとつづつ確認しながら、積み上げていくしかないんですよね。

 

働き方の答えは、人それぞれ。

この本の内容を指針に、自分の働き方を見つけていくしかないんだと思います。

 

重いですね。

働き方。

一生続くものだから、余計に。

 

 

 

misaki40.hatenadiary.jp

 

 

 

広告を非表示にする