気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

今年の化粧方針は

去年は年明けに、お化粧をしよう!と決意をして、マスク生活になってしまいましたが、アイメイクは頑張りました。
そして一年が経ったころ、飽きた、というのと、なんか違う、という違和感と、顔タイプ、という概念を知り、方向転換の必要性を感じるようになり、ちょうどキリよく新たな一年の始まりに、今年はどうしようか、と考えました。

一年実験してみて、私の顔は色が映えるタイプではないことはわかりました。
深い色、濃淡、陰影が大切な気がします。
そうすると、アイシャドウよりも、リップの色をメインにしたお化粧のほうが、変化をつけやすいのかもしれません。

実際、私はアイシャドウの違いはよくわからないのですが、口紅は、使えそうな色、好みの色などがわかってきたり、微妙な違いでバリエーションが増えることも苦ではなかったり、アイシャドウよりもリップのほうが好きなのかもしれない、と思うようになりました。

最近もイヴサンローランの新色が欲しくて悩んだのですが、手持ちと似ていることと、今買っても使えないということで、ひとまず保留にすることにはしましたが、色を見たり比べたりするのは、アイシャドウを見るより楽しく、私はリップ派かも、と思う出来事でした。

そう思っても今はマスクで、しかも私はお化粧よりマスク汚れが気になるほうなので、いくらリップ派と言っても、今は口紅を塗る気分ではありません。
でもいつか、マスクなしでのお化粧をできるようになったとき、リップメインのお化粧をするとしたら、そのときのためのバランスのよいアイメイクというのを練習しておくのもいいだろう、と思いました。

あくまでリップメインの、自然なアイメイク。
私の今年のテーマは、自分のベーシックを見つけること、になりそうです。
色より質感とか、元の骨格の陰影を活かすこととか、そういう方向に意識を向けてみようと思っています。




ブルーミングガーデン

一年お化粧をしてみて、飽きてきたことと、自分の方向性に迷い、一応新作などの情報は追いつつ、少し距離を置くようになっていました。
へーよさそう、と思っても、どこか他人事。どうせ自分には使いこなせない、必要ない、と思うと、以前ほど期待することはなくなっています。
情熱はありませんが、冷静にいられるのは、いいことです。

そんな私が、ついうっかり買ってしまったのが、ディオール伊勢丹新宿限定フェイスパウダー。
一応情報としては早くから見ていましたが、特に惹かれることもなく。
正直、初めはなんのプレス模様か、全くわかりませんでした。(まあ、実物もそうでしたけど。)
それが、明日からネットで買えますよーというので改めて見てみたら、このくすみピンクがなんだか気になって仕方ありません。
ただ検索しても色についてはあまり情報がなく、とりあえず見た目だけ。
どの程度色が出るのか、ラメはあるのか、どれくらい光るのか、全くの未知。
ただ、ミネラルパウダーという括りで従来品から想像するのと、あとはこのコンパクト。
私はこのタイプの薄コンパクトが好きで、ゲランは買いましたが、ディオールはずっと欲しいと思いながら、どれを買うか、中身が決められず、のびのびになっていたのでした。

あとは、私はチークという色を使うのが苦手で。
似合わないのかつけ過ぎなのか、どうもしっくりこなくて、色付きハイライトくらいがちょうどいいな、と思っていたのです。
とりあえずでe.l.fは手元に残していたものの、ピンクのハイライトってなかなかないんですよね。
そのうち、ディオールバックステージの4色ハイライトでも買おうかな、と思っていたのですが、もしかして、これでイケる?

そんな期待もありつつ、ここまで色に惹かれたこともかつてない、というくらいに気になるし、もうこれは、コンパクト目的で買ってもいいかもしれない。
というわけで、開始時間とともに、ポチっとしてしまいました。

届いてみたら、プレス模様はやっぱりなんだかよくわかりません。
宣材写真があそこまで作れるというのは、プロって凄い。
こちらとしては、心置きなく削れるので、ちょうどよかった。
実際は、色は思ったよりも白っぽい気がしますが、キラキラもし過ぎず、まあ使えそうかな。
とりあえずゲランと並べて置いて、満足です。


ソファ注文

洋服を飽きるほど検索して、結局買うものがない、ということになりました。
整理整頓もやってしまったら、あとはなにをしよう。
そう思って見渡してみて、目についたのが薄汚れた10年来のソファ。

去年、は何もしなかったから、一昨年のことになるんですね。
パソコンやら本棚やらオーブンレンジやら、大物処分をしましたが、そのときにもできなかったのが、このソファ。
ひとりでは外に出せないし、人を入れるのも抵抗があるし、と今まで来てしまいました。

ふと、新しく買えば、引き取ってくれるのでは、ということと、洋服に掛けていたかもしれない金額とが結びつき、あれ、ソファ、買っちゃう?と閃いてしまいました。

夜中に思い付き、翌朝から検索して、そのまま注文。
ただ配送は、予定が合わなくてしばらく先です。
あー楽しみ。

こんな時期なので、あれこれ見て回ることはできないし、そもそも引き取りが目的だし、引き取りだけに人が出入りするのは抵抗があるけど、配送に来てもらうのは仕方ないよね、という個人的な気分と、ひとつ処分してももうひとつソファはあるので、新しいソファななくてもいいけどそれはそれで部屋が寂しいし、という、とりあえずこれでいいか、という程度の妥協買いです。

家具って、もっと大きな買い物のイメージでしたが、以外と、洋服より簡単に買えてしまいました。
実は、買うより処分することのほうが、心理的ネックになっているのかもしれませんね。

なにはともあれ、これで気分が変わることは間違いないでしょう。
処分に困らない程度のもので、部屋を弄るというのは、ちょうどいい暇つぶしになるかも。
他にもなにかないか、考えようと思います。





最新クローゼット事情

日常に、戻ったような、そうでもないような。
お休み中にぐだぐだしたら、いろいろ諦めもついて、あちこち整理をしたところ、またひとつ衣装ケースが空きました。

今は、外出着も引き出し一杯のみ。
あと衣類は、下着と運動着の引き出しそれぞれひとつづつと、掛けてあるアウター類だけになりました。
たぶん、今残っている服、捨てようとは思わない服が、私にとっての最低限なのかな、と思います。

永く着られるいいものを、着ていておかしくない似合うものを、といつも血眼になって探していますが、
結局残っていくものが、結果的に長く着たな、ということだったり、
結局いつも同じようなものばかり見ているな、というのが、ちゃんと自分に合った正解だったりするのかもしれない、と思ったりしました。

アウターは、ムートンとダウンとライダースと。
ボトムはホワイトデニムとテーパードパンツとスカートと。
あとはとりあえずタートルネック
これが私のベース服と言えそうです。
あとは必要なときに欲しいものを買い足すくらいでいいのかな、と思います。

って、何度も同じところを通っている気がする。
でも今回は、お出掛けワンピースを持たない、というのが初体験です。
またいつか、お出掛けする楽しい予定ができたら、いつも選んできたようなお洋服を、探そうと思います。





golosita.No.1

今年の休暇は、とにかく食事が充実していました。

今は食べものくらいしか、楽しみがないですからね。
そんな中でも、お取り寄せしたgolosita.のNo.1チーズケーキは、とってもNo.1でした!
 
原材料も、とってもシンプルで安心。
ベイクドなのに、軽い。
でもベイクドなので、濃い。
いくらでも食べられるけど、ひと切れでも満足。
そしてなめらか。
余計なものが入っていないと、こうなるんだ!と感動の味でした。
 
冷蔵便なのも嬉しいです。
やっぱり、冷凍ケーキを解凍したものは、なんとなく美味しくないんですよね。
 
GAZTAのバスクチーズケーキも好きですが、golosita.もお気に入り決定です。
 
興味を持って、恵比寿のレストランも検索してみたのですが、一名様では予約はできないようです。
まあ、こんな時期だし、いつか誰かと行けたらいいな、と思っています。