気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

レブロン限定リップ

久しぶりにショッピングセンターを徘徊しまして、限定リップパッケージに惹かれてしまいました。

f:id:misaki34:20200701061114j:plain

 
アンドレ サレヴァというグラフィティアーティストとのコラボパッケージだそうです。
ネズミのイラストらしいのですが、私が気に入ったのは、蓋上のハート❤︎
リップは立てて収納しているので、可愛いし見分けもついてちょうどいい!
今年の干支のネズミ、といいながら、もう7月ですからね。
そもそもの発売も3月だったようですし、休業開けからようやく動き出した感じでしょうか。
 
目を惹かれたのはパッケージですが、色もすごくよさそうで。
真っ赤でも明るすぎず、濃い赤でも茶色くないというのが、実はなかなかないんですよね。
海外でなんとなく買った初めての赤リップがそんな色で、劣化が気になり捨ててしまったのですが、今でもその色を探しているくらい、好きな色でした。
遠い記憶で美化されているとは思いますが、色選びがこんなに難しいと知っていたら、古くても取っておくんだったなーと思っています。
 
今回テスターもないので、賭けでしかなかったのですが、これくらいのお値段だと、勢いで買ってしまえるくらいには、化粧品に対しても耐性がついてきました。
実際は、期待したほど暗くなく、手持ちのはっきり赤リップとさほど変わりがありませんでした。一応、そちらはツヤ、こちらはマットというので、区別してみようと思います。
 
まあこんな赤リップ、イベントでもないと使うこともないのですが、いざというときに気に入った色があるというのは、安心です。
口紅はあまり使わないといいながら、色には結構こだわりがあって、自分でも意外ではありますが、赤リップが好きなんだろうなーと思います。
最近は諦めて、コレクションとして、好きな色は買っておこうと思っています。
 
リップはシャネルも気になっているし、ランコムの限定品も狙っているしで、ちょっと化粧品浪費の歯止めが効かなくなっています。
そろそろ溢れてくるので、収納も考えないといけません。
 

初キャビアスティックアイカラー

お化粧熱がまだ続いていて、頑張って毎日アイシャドウしています。
おうちにいてもお化粧をしてテンションあげる!という方もいらっしゃるようですが、それは私にはよくわかりません。
家にいたら鏡なんてほとんど見ないし、すっぴん顔なんて見慣れているし、わざわざ汚すこともないよなーと思ってしまいます。

雑誌などを見ると、毎日なにかしら新発売されていて、シーズンものだったり限定品だったり、化粧品界隈はこんなにも流れが速いのか、と改めて知りました。
そして、まだあるけど他のも欲しくなる、というのは、洋服と同じ、もしくはそれ以上ですね。

今回、私もつい巻き込まれてしまいました。
気になったシャネルのリップカラーを見に行って、ふと目に留まったローラメルシエキャビアスティックアイカラーの限定カラー。
手に塗るだけは許されて、思ったよりも濃い色でしたが、これまでの浅い経験からすると、私の肌色には、ちょっと濃いくらいの色じゃないと映えないんじゃないかと思っていたところです。
でも、さすがに気紛れに買うにはいいお値段。化粧品の買い物に慣れない私には、すぐには判断できない価値観です。
でもその後もやっぱり気になるし、ネットでは売り切れているし、限定品だし、ということで、迷いながらも思い切って買ってみました。

シンプルさナチュラルさが好みのブランドでしたが、以前色付き乳液に撃沈して以来、目の敵にして、手を出さないようにしていたのですが、そろそろトラウマを克服してもよい頃かな。

今回は特別。限定品だったし、と反省はしていますが、そういえば、マキシマイザーもそう言って買ったのでした。
どちらもちゃんと使うし、買って後悔はありませんが、どうやら私は限定品に弱いようです。
でも、もう買えないと思ったら、買っておこうと思いますよねー。
これこそが化粧品の戦術ですね。
気をつけなければいけません。

f:id:misaki34:20200706171351j:plain



チーズグレーター

最近はたんぱく質増強のため、チーズを食べるようにしています。

もともと乳製品が好きなわけではなかったので、特に好みもなく、感動もなく、とりあえず食べられるものを試している状態です。
 
甘くした、マスカルポーネクリームチーズは好きですが、それも食べられる量には限度があり、ゆっくり食べている時間もないときには難しいし、簡単に取り入れるには、そのまま食事にいただくのが一番ラクです。
 
ただ、別に好きなわけではないので、はじめは珍しがって食べますが、だいたい飽きてくるんですよね。
そして、特に好きなわけではないので、塊のまま、量を食べるのは食べにくい、というのもあって、チーズグレーターというものを買ってみました。
 
最初はふかふかのチーズの山に感動もしましたが、食べたら普通。
なんだか物足りないと思うのは、チーズの種類か、トッピングの組み合わせか、ドレッシングの有無か。
もう少し研究が必要なようです。
 
使い勝手は悪くなく、削るひと手間も苦ではありません。
ただ、お約束の、指おろしも経験すみ。
それは今後も要注意です。
 
 

マスク対策

本格的な蒸し暑さを前に、マスクの中はどうなってしまうのだろうと、ちょっと恐ろしくなりました。

 
色付きUVクリームの色移りが気になるし、それは色なしUVに変えればいいのですが、でもせっかくあるのに、この夏で使い切ってしまいたい。
そう思っていたら、ちょうどよさそうな商品を見つけました。
なんと!化粧直しがいらないとな!
それは、夢のようなお話です。
 
早速買って、試していますが、効果のほどは、不明。
汗をかけば、ふつうにテカるし、まあ、まったく朝の出来立ての状態、というわけにはいきませんよねー。
そもそもミストなので、仕上がりがすでにツヤ肌仕様になります。それはそれできれいです。
でもちゃんと、時間が経ったらパウダーをし直したほうが、テカリが抑えられていいような気がします。
というか、汗をおさえてパウダーをはたくくらいは、化粧直しと言えるのか?そんなことは、手を洗うのと同じレベルなのか?
そう考えたら、まず私は化粧というものをしていないのかも。
ファンデーションも塗っていないし、もともと、化粧崩れもメイク直しもマスクの色移りも、ほとんどしないし、ありませんでした。
それじゃあ効果もなにも、私にとやかく言われたくないですよねー。
でもせっかく買ったので、気休めに使っていこうと思います。
 
それよりも買ってよかったのが、イニスフリーのノーセバムミネラルパウダー。
去年人気だったのは知っていて、でもどこで売っているかも知りませんでした。
つい最近、韓国メーカーと知り、近所のスーパーで売っていたので、買ってみたのです。
そうしたら、本当にサラサラ。気持ちがいいです。薬草っぽい匂いも、なんだかサッパリします。
小さいので、何度も顔とケースを往復するのが手間ですが、かえって小回りが利いて、いいのかもしれません。
 
ちゃんとお化粧直しをする環境と習慣があれば別ですが、私は最近は、リップくらいしか持ち歩いていませんでした。
せめて、テカリおさえパウダーくらい持ちたいなーと思っていて、あれこれ考えていたのですが、お高いコンパクトは壊れると嫌だし、そのためにちゃんとしたポーチを持つと重くなるし、それなら、失くしても壊しても構わないくらいのお値段のものがいいかな、と思っていたところにも、ちょうどよかったです。
 
 


 

この夏のスキンケア

蒸し暑くなってきましたし、今年はマスクですし、顔の夏対策も始めてみました。

 
化粧崩れの原因に、油分過多があるそうで、スキンケアの段階から、あまり油分を多くしないほうがいいそうです。
夏にクリームは重すぎる、という話も聞きました。
 
そして最近は、スキンケアの最後の乳液が日焼け止めもメイク下地も兼ねる、という商品もあるようで。
それならば、私の手持ちのBBクリームも美容液成分がいっぱいなようなので、クリームなしでもいけるかなーと思い、やってみたものの、さすがにそれ用の商品ではないので、肌荒れしてしまいました。
なにより、レチノールの皮剥け後のタイミングでやってしまったのもよくなかったですね。ちょっと無謀過ぎました。
 
あとは、クリームよりもライトな乳液のほうがいいのかな、と思って、いつものドゥ・ラ・メールクリームから、シスレーのエコロジカルコムパウンドに変えてみたりもしましたが、かえってテカるような気がしました。
なんでも、保湿の中には空気中の水分を引き寄せる成分もあるそうで、そういうものだとかえってベタつくこともあるそうです。
シスレーのものがそうかはわかりませんが、ドゥ・ラ・メールクリームよりは水分を含んでいそうな液状なので、その違いなのかもしれません。
 
いろいろ試してみていますが、やっぱり私は、ドゥ・ラ・メールクリームが一番しっくりきます。
ピタッと肌になる感じ。
エコロジカルコムパウンドだと、まだまだ柔らかい中身みたいな、本当にすっぴん、という感じなのですが、ドゥ・ラ・メールクリームは、しっかり保護までして、シャキッと外に出られる肌にしてくれる感じです。
 
クリームや乳液など、呼び方はメーカーそれぞれですし、なにより人の肌はさらにそれぞれですから、世間の噂に倣うより、自分が快適にいられればいいんですよね。
とりあえず私は、夏もこのままいこうという結論に達しました。