読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

適性

しごと

好きなことを仕事にするのはなかなか難しいことです。

まず、好きなことを見極めることが出来なければなりません。

 

でも仕事ってやってみなければ分からないし、それに付随するすべてのことも好きかっていうと、それも難しいと思います。

 

やりたいことをするために、やりたくないことをしなければならないこともあります。

やりたくないことをやっても、そのうえでやりたいことができたら幸せ。

そう思える人が、きっと好きなことを仕事にしている人なんだと思います。

 

人にそれぞれ長所短所があるように、仕事にも良い面悪い面があります。

時期にもいい時悪い時があります。

その仕事が好きかどうか、迷うこともあると思います。

人間、恵まれているとその幸せに気付かないものですが、その仕事が自分に合っているかどうか考える時に、好きということだけじゃなくて、適性があるか、というのもひとつの見方かなと思います。

 

適性がある仕事って、人が大変と思うことも苦にならないし、当たり前にやるだけで成果も出やすいと思うのです。

 

私も「好き」は前職の方が好きだったかも。

今の仕事は「好き」と思う隙もなく、日常の延長にある感じ。

大袈裟に言えば、こんなことで感謝されたりお金もらえたりするのねーという感じもします。

これが適性があるということなのかもしれません。

 

どんな仕事にも楽しさはあります。

それは知らないことを知っていくとか、自分の実務経験が役に立つとか、目標達成とか。

仕事場で和気あいあいと楽しい思いをするんじゃなくて、仕事が楽しいと思えることが。

 

そのためにはまず、その仕事を知るところから。

そしていろいろ試して自分の感覚を確かめていくことも、長い人生、よい勉強になるのではないかと思います。

 

 

f:id:misaki34:20150908081428j:plain

 

 

 

広告を非表示にする