読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

制服化の悩み

最近は制服化、と言って、好きな服をワンパターンで着ることが許されるようになった気がします。

私も初めは目からうろこで、え、いいの!?とものすごい解放感を感じたものです。

ただ、それに慣れ過ぎて、私みたいな極端な人間が勘違いをすると、毎日それしか着ない、という事態も起こるんですね・・・。

なにも悩まない、考えない、あるものを着るだけって、女性としてというより、もう人として大丈夫なのか、とちょっと心配になってもきています。

うちの父でも、ポロシャツ何枚か、セーター何枚か、をとっかえひっかえ着ていたような気がしますから。

 

そんなこともあり、セールでなんか欲しい病もあり、街をふらふらしてみましたが結局何を買っていいのかわからず。

誰か私の洋服を用意してくれないかなーなんて思うくらい、行き詰っていました。

 

見た目がなんとなく好き、というだけでは失敗することは、理解したように思います。

でも今まで好きかどうか、しか考えてこなかったので、それ以外にどうやって選んだらいいのか、というのが難しいです。

そういえば私の失敗パターンは、気に入っていても着る機会がない、というのが多いです。

だとしたら、TPOに合った中から、これだったら着られる、着たい、と思うものを選ぶ、という順番で考えたらいいのかしら。

更に私のいけないところは、新たに洋服を増やそうとするとき、今持っていないもの、を探そうとしていたように思います。

そうすると、今着ていないタイプのもの、要するに、着る機会の少ないもの、へと広がっていってしまったのかもしれません。

 

同じものでは代わり映えがしないから、似ているけどちょっと違うモノ、を買い足していって、ローテーションで着ればいいのかな?

今パーカーを着ているから、それをカーディガンにするとか、リネンシャツにするとか!

ロングスカートを色違いにするとか、素材違いにするとか、ワイドパンツにするとか。

 

うーん。

でも、似たようなものを買う、というのがどうもピンときません。

だったら今あるこれでいいや、となって、また同じものを毎日着ることになってしまいます。

いえ、パーカーもカーディガンもシャツもそれぞれ別物ではありますが、羽織ものとして手持ちのパーカーで済むなら、それでいいか、と思ってしまうんですよね。

こんなことを言っている時点で、人間失格のような気もしています。

 

それにしても、実際に洋服を見て歩いている時ではなくって、こうして冷静に考えているときのほうが、より具体的な案が浮かんでくるというのも発見です。

いろんなものを見て、その中から選ぶのがいいような気がしていましたが、それって実はハードルの高いやり方なのかもしれませんね。

 

全く考えがまとまりません。

  

 

 バリエーションは増えるけど、なくても困らない。というジレンマ。