読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

正義

しごと

仕事は嫌いではないし、もう新人いじめをされることもなくなったので、それなりにこなしています。

ただ、上司について思うところがあり・・・。

 

こんなことはどこにでもあることだと思います。

仕事のやり方が合わなくて、なんで?って思うことがあるのですが、言わないままやり過ごしてしまっています。

言いたいことを言わずに我慢するというのもそれはそれでストレスですが、私は自分が関わらないように、見て見ぬふりをして過ごすほうがラクなんです。

でもそれでは、知恵を出し合いよりよい方向へ、という組織における自分の義務を放棄していることになるのかな、というのが気になって。

ちゃんと言うことが正義なのか、言わないことは怠慢なのか、という迷いがありました。

 

でもいろいろと考えていたら、そもそもどうして私の意見を伝えることが正しいと思うのか、ということを思いました。

もしかしたら、上司が正しく、私が間違っているかもしれないのに。

もちろん、どっちが絶対正しいということはないと思います。

伝えることは、もしかしたら必要かもしれない。

でも、伝えないことについて罪悪感を感じることではないのではないかも、と思いました。

 

私の頭の中では「私のやり方のほうがいいのに、それを伝えないなんて意地悪かしら」という考えが出来上がっていたような気がします。

でもそれって、自分は正しい、という前提での話。

とっても傲慢な考え方だなあ、と気が付きました。

 

人それぞれいろんな考え方があって、それがいいと思ってやっているわけだし、それで会社が認めているんだから、上司のやり方に私がしのごの言うことではないなあと思いました。

かと言って、それを受け入れることはできないので、そこは相手にも多様性を認めてもらうということで、上手く付き合っていくことのほうが大切なのかもしれません。

 

今まで通りでいっか、ということになりそうです。

 

 

f:id:misaki34:20160418143633j:plain

 

 

広告を非表示にする