気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

私の夢

リタイアしたのは犬のため。

間違いではありませんが、それだけが目的だったとも思えません。きっかけのひとつだったんだろうと思います。

よくよく考えてみたら、いえ、考えるまでもなく、私はリタイアしたかった。

それを、お金がないと、とか、働かないと、とか、よくわからない固定観念が妨げていただけです。

正しく言えば、リタイアをしたかったわけではなく、自由になりたかった。

 

会社員でいれば、社会的な身分は保証されるし、経済的にも安定します。

それと引き換えに、組織の秩序に縛られる。

時間的なこと、給料のこと、配属や昇進査定、もちろん仕事の進め方。それから人間関係。

自分の思い通りになることなんて、ほとんどありません。

そこに納得できる理由があればいいですが、ただただ虐げられているようにしか感じられなければ、拷問でしかありません。

私には向いていない、と思いながら、社会とはこういうもの、と我慢するばかりでした。

 

もっとやりがいのある仕事に就けば、もっとお給料が高ければ、天職と思えるような仕事に巡りあえたら、とも考えましたが、答えは出ず。

 

じゃあ、お金や世間体などを考えずに、どういう生活をしたいかと考えたら。

時間に縛られず、誰からも指図されず、自由になりたい。

趣味を続けたい。

それだけでした。

 

きっとずっと前から、私の願望はそこにあったんだろうと思います。

その願いが実現するように、たまたま犬の10歳というタイミングに合わせて、期が熟すように調えられていったんじゃないかと思います。

 

 

広告を非表示にする