読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

引き寄せ

願いは叶うといいますが。

正しい願いであること、叶うことを信じることが、大切です。

簡潔に述べれば、そういうことのはずですが、それが簡単ではないことは、私も実感すみ。

でもそこに近道がない以上、なんでもやってみないことには、先に進まない。

初めから、大それた望みじゃなくていいのです。

今の自分からかけ離れ過ぎていても、信憑性に欠けて、願いは届かない。

身近な、小さなことから始めてみる。 

 

苦手な仕事を、誰か手伝ってくれないかなぁ、とか。

そのときに大切なのは、自分の望む形や予想した形にこだわり過ぎないこと。

先の例で言えば、誰かに手伝ってもらった、という事実以外を認めないというようなこと。

もっと広い意味で捉えないとダメです。

段取りの都合で、締め切りが延びたとか。それだけでも、自分から遠ざけたことには違いない。先々、自分の手を離れるかもしれないし。

もしくは、新しいシステムが入って自分でやるのも苦ではなくなった。その仕事が苦手じゃなくなる、ということでも、望みは達成されているはず。

すると、自分の本当の望みはなんだったのか?と考えるきっかけにもなりますね。

時間がかかるのが嫌なのか、単調な作業が嫌なのか、もしくは関わる人が嫌とか。

それがわかると、対処の仕方も出てくる。

繰り返していくと、自分の好き嫌いが見えてくる。

自分の快適さを追求していくと、自分の居場所、目指す場所、やりがい、生きがいもあぶり出されるようになるはずです。

そうやって、自分の本当の願いを見つけることもあるんだろうと思います。

 

引き寄せに大事なのは、なんでも成功だと思うこと。

狙った通りじゃなくても、自分にとって最善の結果です。

どうしてこういう結果になったのか。

この結果にはどんな意味があるのか。

こじつけでいいのです。

 

願望に対して、ここまで近い結果が得られて、よかった。

自分の無意識に、願望に抵抗するような思い込みがなかったか?

今はそのタイミングではなかったのかも。

まだ結果に結びついていないだけ。などなど。

 

とにかく、その結果を受け入れる。

そこには必ず意味があると考える。

 

でもそうしたら、うまくいかないことなんてないんじゃない?

インチキだ、詭弁だ、と言うこともできるかもしれません。

でも、それが信じるということ。

信じるということは、とてもシンプルで単純なことなのです。

失敗はないと知ること。

こじつけだろうとなんだろうと、それが正しいと信じる、納得する、理解する。

繰り返すたびに理解が深まり、願いが叶うということが、真実になっていく。

そして繰り返すごとに、自分の本当の願望に近づきます。

 

この小さな積み重ねが、正しい願望を見つけるステップにも、信じる訓練にもなっているわけです。