読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

パドルブラシ

シャンプーの探索ついでに、ブラシも変えました。

アヴェダのパドルブラシ。

 

 

これは、メイソンピアソンを買うときにどっちにするか悩んで、そのまま買わずじまいになってしまっていたものです。

メイソンピアソンで、私には獣毛ブラシが合わない、ということを結論付けたので、今後は櫛かブラシにしようと思っています。

 

湯シャンの時に、お風呂で使えるという、タングルティーザーアクアスプラッシュを使ってみたのですが、大きなサイズがどうも使い慣れず。

 

 

木櫛は以前使っていて、使い心地は分かっているので、次はパドルブラシを使ってみようということになりました。

お店で見てはいましたが、実際に自宅で使うとなると、こちらもかなり大きい。

でもこのサイズがマッサージ効果に必要なんですよね、きっと。

それでも柄の部分が握りやすいので、タングルティーザーのような違和感はありません。

 

メイソンピアソンをちからいっぱい握って、首を傾け頭を引っ張りながら必死になって梳かしたのは何だったのか、こちらは本当にするする梳けます。

前からも後ろからも、絡みもすぐ解けるし、マッサージ効果というのもありそうな感じ。

保管がちょっと邪魔ですが、これはいいかも。

 

気になると言えば、お手入れのことでしょうか。

木櫛に慣れ過ぎて忘れていましたが、ブラシって髪が絡まったりするんでした。

それに、プラスチックのピンだと、汚れもつきやすいのかしら。

メイソンピアソンのクリーニングブラシを捨ててしまったことをとっても後悔しています。

まあでも、獣毛ブラシとプラスチックブラシではモノが違うので、使えたかどうかもわかりませんけどね。保管も邪魔ですし。

ただ一度試すくらいはできたので、捨てるのはもう少し待ってからにすればよかったなあ。

 

ブラシに不織布などを挟んで使い捨てにするのもあるようですが、見た目的にちょっと好きではありません。

ああいうものを使うなら、歯ブラシでもヘアピンでも、手間をかけて手入れしたほうがいいかなあと思います。

 

あんまり難しく考えず、適度に手入れをして、汚れが気になったら買い替えればいっか。

あと、帰省時用に櫛もまた用意するか、考えます。

省スペースなのは、木櫛なんですよね~。

シャンプーともども、ヘアケアは何かと気がかりが多いです。