読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

スタイル指針

思い切って古い洋服と靴を処分して、クローゼットの収納ケースがまたひとつ空きました。

靴箱も下側だけに収まり、さらに余裕ありです。

 

それにしても、本当にこれで大丈夫?

いろいろ取り揃えることが当たり前だと思っていたので、空いたカテゴリーを補いたくて仕方ありません。

やたらとネットで洋服サイトをみて、手持ち服のアルバムをみて、行ったり来たりと落ち着きません。

 

例えば、靴。

サンダルは履く機会がないと思っていたけど、ヒールサンダルがひとつもない。

あるのはビルケンシュトックのみ。

今までは洋服もオフィス仕様だったので、夏でもパンプスで違和感ありませんでしたが、夏らしい格好をすると、それに黒のハイヒールでは暑苦しい。

夏に履けるヒールがあったらいいなーと思って、今更セリーヌサンダルを買わなかったことを後悔したりしています。

今のところヒールを履いて出掛けたい用事はありませんが、準備しておいた方がいいかしら。

それとも、来年の気分に任せるほうがいいのかしら。

夏はフラット、と開き直るのもいいですが、ヒールが履けなくなることも心配です。

ヒールを頑張れるのもあと何年か、と思うと、今のうちにヒールファッションもしておきたいのです。

 

それから、羽織ものも夏用UVパーカーと黒一枚のみ。

冬まで頑張ってもらいたいですが、次はどうしようかと今からドキドキです。

秋はカットソーやシャツを一枚で着られるし、Gジャンやブルゾンもあるし、冬はセーターになるし、と思うのですが、不安です。

 

そしてお店を見て回ったときに見かけたレッドオレンジの服。

いくつかのお店で見たので、今年の流行色だったのかもしれませんね。

久々に色物に惹かれたので買ってみたい気もしますが、着る機会がないかしら。

 

せっかく減らしたのに、隙間があるからとまた増やしていってはすぐにもとに戻ってしまいます。

追加は、よくよく考えてにしないといけませんね。

とはいっても、数が少ないおかげで買い替え頻度は高くなりそうですから、日ごろのリサーチも欠かせなさそうです。

 

これについては、ある程度洋服を絞った後は、同じブランドで揃えていけば安心なんじゃないかと目論んでいます。

これぞ、おしゃれ下手の奥の手。

今までも試みたことがあったのですが、あちこち目移りして絞り切れず、結局いろんなお店の混ぜこぜになってしまっていました。

でもこれからは、雰囲気を統一させることがおしゃれの秘訣のようなので、もうチェックするお店は決めて、その中からチョイスするようにすれば私でもなんとかなるんじゃないかと期待しています。

 

 

 

愛用中ですが、裸足で履くと土踏まずで音が鳴ります。

たまに、じゃなくて必ず。

足に合っていないのかな?

ちょっと恥ずかしい。