読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

服と気持ちの整理

最後まで名残惜しく、捨てられなかったノースリーブを処分しました。

もう数年前のZARAのもの。

 

f:id:misaki34:20160727115411j:plainf:id:misaki34:20160727121321j:plain

 

まだまだカラフルでカジュアルな洋服が好きだった時代のものです。

その後着る機会がなくなり、色物を買うこともなく、時間の経過とともに減る一方の洋服たち。

その中で、これらも手放してしまったら仕事用の白黒服ばかりになってしまう!

職場で抑圧されている分、このカラフルな洋服たちは、本来の私はこっち、と自分自身を思い出させてくれるもの。

これすらも失くしてしまったら、仕事用の偽りの自分に支配されてしまいそうで、だから最後の砦のように、いつまでも手放せなかったんじゃないかと思います。

 

今はもう変なこだわりもなく、着たければ着るし、着ないなら捨てるし、また欲しくなったら買えばいい。

そうやって冷静に見ると、件の2着はいざ着ようにも、たぶんシルエットが古くなってしまっているのかな。

今年買ったテーパードジーンズには、合わないような気がしました。

そういえば、こんなふうに肩幅が狭いのは今年はあまり見ませんよね。

純粋に「着なくていい」と思ったら、すっきり諦めもつきました。 

 

やっと自分の好きな洋服を着られるようになり、また派手な格好をしたくなるかと思いましたが、長年の白黒生活に慣らされたせいかピンときません。

ノームコア流行りとか、ミニマム志向の影響もあるかと思いますが、好みが変わってしまったのかなあ。

昔は、カラフルこそ若さの証、白黒なんて面白くない、そんなの着るようになったらオバサンだ、と思っていました。

だから、いくつになっても明るい色の洋服を着ていたい、と思っていたんですよね。

でも実際おばさんになってみると、白黒の格好良さ、みたいなものを感じるようになったかな。

白黒も、おしゃれな人が着れば「モード」となるわけで。

 

もともと黒は好きな色ではありましたが、強制的に着るようになってからは仕方なく選ぶ色、というよくないイメージがついてしまっていました。

今も、持っているから着る、着慣れているからまた選ぶ、みたいな気持ちもあるのかなあと思ったり。

本当はもっと、私は黒が着たい!黒が素敵!と思って選べるようになりたいなあ、と思うのですが、まだちょっと迷いがあります。

カラフル=若さへの未練というか、呪縛というか。

あと、職場での嫌な思い出がなくても、それでもカラフルから白黒へ自然と好みが移っていったかな、というのも気になります。

 

そんなことは考えても仕方がないのですけどね。

そんな感じで行先に迷いがあったりして、洋服を買い足したいけど何が欲しいかわからない、着たい服を着ると言っても、今着たい服がわからない、という状態です。

もう少し、リハビリ期間が必要みたいです。

 

 

misaki40.hatenadiary.jp