読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

湯シャン⑦

湯シャン、4か月経過。

獣毛ブラシを活用することを宣言して1か月。

なるほど、湯シャンに獣毛ブラシ、というのがわかった気がします。

 

ブラッシングが大事ってことだったので、とにかく梳かしました。

はじめのうちは、20分くらい。

同じところを何度も梳かし、分け目を変えて何度も梳かし。

すると、どうでしょう!

お湯で流すだけで、髪がきれいになっているのがわかります。

 

今まではつるつる手触りだったのが、きゅきゅっとなった感じ。

まだ、皮脂でコーティングされていたんですね。

おお!脂が落ちるとこうなるのか!と思いました。

ただ、きゅきゅっとし過ぎて指が通りません。

手ぐしで流していますが、絡まったり切れたりしないか心配です。

 

それに、ブラッシングも細かい毛と毛の擦りあいになって、するする梳かせないので結構力が入ります。

これも切れ毛とかが心配。

あと、今時期だからか静電気がすごいです。

だから余計に切れ毛が目立つのかな。

 

もう一つ気になっていたのが、ブラシのお手入れのこと。

今はメイソンピアソンのブラシを使っていて、専用のクリーニングブラシがあります。

それで毎回ゴシゴシするのですが、やっぱりそれだけだと徐々に汚れが溜まります。

そして、汚れたブラシじゃいくら梳かしても髪が綺麗になりません。

なるべく水洗いはしないほうがいいみたいなのですが、一週間も経つとちょっと気になる。

石けん洗いをすると、見た目も梳かし具合も新品のようになります。

 

いくら高価なブラシと言っても、髪を解くにも力が入るし、クリーニングもガシガシするし、水洗いもして、だと消耗しますよね。

ここは割り切って、ブラシは消耗品と思ってある程度で買い換えるつもりで、がんがん使っていくしかないかなーと思います。

 

メイソンピアソン mason pearson ハンディブリッスル B3(クリーニングブラシ付き)【並行輸入品】
 

 

 

シャワー時に使っていた金ブラシは使わなくなりました。

これもあったほう梳かしやすそうだけど、やっぱり濡れた髪を梳かすのはよくないという意見を尊重。

 

手触りでは、きゅきゅっと劇的に髪の汚れが落ちたと思ったのですが、ドライヤーをすると、今度は手ぐしをした指に白く汚れが付きます。

ブラシにもつくし、そのあと通す櫛にもつきます。

これはもう、仕方ないのかな。

そういうもの、と書いてあるネット情報もあります。

昼間はそういうことはなく、ドライヤーのときだけです。

 

桃の木櫛を毎回上下裏表掃除するよりは、獣毛ブラシをクリーニングブラシでガシガシやるだけのほうが、まだラクかな?

そんな程度です。

 

未だ試行錯誤中ですが、こんな感じでやっています。

変化といえば、髪にボリュームがでます。

根元から立ち上がる感じ。

でも私はもともと髪が多いので、できれば髪が柔らかくなってサラサラして欲しい。

ボリュームは、いらないんだけどな。