読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

2017年上半期

三ヶ日も過ぎたので、今日から通常営業です。

って言っても、それほど変わりはないですが。

一応、お正月の甘やかし気分を切り替えて、今年一年をスタートする意気込みを表してみます。

 

2016年の下半期から、仕事を辞めて、自分のことだけに集中するようにしてきました。

自分のしたいこと、望むもの。

他人の価値観に惑わされずに、自分の気持ちに正直に選び取りたい。

そう思って、過ごしてきました。

 

仕事だって、絶対しない、と決めていたわけじゃない。

興味があるものがあれば試してみたかったし、できれば本やなにかで読むみたいに、これが天職!っていうものに運命的に出会いたかった。

でも結局、そんな出来事はなく半年過ぎてしまいました。

 

その間、なにも得るものがなかったかというと、そんなこともないはず。

とにかく、嫌なことを遠ざけて、やりたいことだけをする。

そうして残ったものが、今の自分が求めていること。

この間求めることがなかったものは、なくてもよかったもの、私には必要ないもの。

そういう判断もできるんじゃないかと思いました。

 

それから、今までのこともたくさん思い出しました。

これまでは、終わったことは今更どうしようもない、と思って、振り返ることのなかった自分のこと。

仕事のことや、人との関わり合い。

苦い思い出や、今だからわかる自分の至らないところ。

 

もしかしたら、自分自身の棚卸が少しできたかもしれません。

これって、精神的な断捨離かなあ、と思いました。

たぶん、断捨、くらいまではできたんじゃないか、と思います。

次は「離」?

 

やりたいこと、欲しいもの、はずいぶん見えてきたように思います。

半年かけて、ブレずに残った私の芯みたいなものが。

次は、どうやって近づいていくか。

王道と言われるものがあっても、それは誰にでも当てはまるものではないし、自分に関してだけ言えば、確率の問題でもないはず。

やっぱり、自分の進む道は自分で作っていくしかないんだろうと思います。

もしくは、自分が歩いた後にだけ道ができる。

それは誰でもそうで、人の数だけ道があるということ。

 

見つけたばかりの大切なものは、まだまだ小さく、あってないようなもの。

これから、自分なりの方法で、守りながら、確認しながら、すこしづつ形になっていくものなんだろうと思います。

今、目の前にあること、できることに集中する。

それがきっと、私だけの道になっていくと信じて。

2017年上半期は、そんなふうに過ごしていきたいです。