読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

カーテン洗濯

大掃除、というほどではありませんが、カーテンを洗濯しました。

南向きに3つの窓。

居間の掃き出し窓と、両隣の居室は腰高窓です。

大物でも洗濯機が洗ってくれるので、大変(面倒)なのは、高所のつけはずしと、フックのつけはずし。

それが億劫で、このまま過ごしてしまおうかと思いましたが、頑張りました。

 

居間のカーテンは入居時にサイズオーダーで作ったので、イメージ通りです。

ただそれ以外のカーテンが、写真と違っていたり、思い通りにならなかったり、すぐ飽きたりと、未だにしっくりきません。

春夏の寝室は、白リネンのカバーとコットンの花柄カーテンで、入居以来落ち着いているのですが、秋冬にカバーをベージュのベロアにすると、やっぱり違和感。

気にせずやり過ごそうかととも思いましたが、昨年同様、居間のベージュのカーテンを寝室に掛けかえることにしました。

これだと、色調もベージュトーンで揃うし、いくらか遮熱効果もありそうで、合格です。

 

とすると、空くのが居間のカーテン。

ここは去年買って、隣部屋の腰高窓に掛けていたIKEAのグレーのリネンカーテンを持ったきました。

色味がブルー寄りなところや、冬にリネンカーテンが寒々しい感じがするのが気になるところではありますが、パぺリナラグがチャコールグレーなので、悪くない。

あとは、隣部屋の腰高窓に、リネンカーテンについで買いしたIKEAの真っ白カーテンを取りあえず吊るして、一応ふさがりました。

 

カーテンをローテーションして気分転換にもなるし、ついでに洗濯することにもなるので、いいっちゃあいいですが。

窓の外にシャッターがあるので遮光とか気にしなくていいし、外からの視線が気になるようなこともないので昼間は開けっ放しだし、カーテンはそれほど必需品ではありません。

でもまあ、掛けないことは考えられないし、それが素敵だったら尚良し、です。

前は色柄にこだわりたい気持ちがありましたが、今はシンプルなカーテンもいいなあと思ったり。

でも賃貸の貧相な部屋に寄せ集めの家具では、シンプルなカーテンで引き立てるどころか単にチープなだけかなあ。

もちろん通年で掛けっぱなしというのが楽でいいですが、こうして入れ替えがあるから洗濯する気にもなるってもんだし。

 

うーん、と思いながら、あまりスイッチが入りません。

去年まで散々悩んで失敗し続けたので、ちょっと冷却期間かな。