気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

事故後

警察署で事情聴取の時に聞いたのですが、私はてっきり相手の車は左折車と思い込んでいたのですが、なんと右折車だったそうです。

同方向を向いた左折車だと死角もあるし、気が付かなかったのかなあと思ったのですが、右折車だったら横断歩道に入る歩行者は真正面から見えたと思うんですよね。

私の前にも、渡っている人はいたわけだし。って、ちょっともやもやしたりしています。

どっちにしても、起きてしまったことは仕方がないですけどね。

 

太もも、足首だけじゃなく、腰や首のレントゲンも撮ってもらい、異常はなさそうで一安心。

両太もも外側の内出血がさしあたって痛いので、横向きに寝られないのがツラいです。

 

保険会社がちゃんと対応してくれているので、病院代、薬代は窓口での負担はなし。

通院交通費も(私は徒歩なのでありませんが)後々清算してくれるみたいです。

救急搬送された病院から帰宅の際のタクシー代も、出る予定。

ただ、事情聴取と診断書の提出に行った警察署までの交通費は出ないそうです。

事故に遭わなければ警察署に行くこともなかったんだから、これも相手方に負担してもらいたいですけどね。

直接請求はしないほうがよさそうなので、これは自己負担で我慢します。

 

他に、慰謝料というのが治療期間日数×4000円程度が出るそうです。

内出血がどれくらいかかるのか、どの時点で治癒とされるのかがわからないので、これも多いのか少ないのか、よくわかりませんね。

 

気になる物損ですが、現状写真の添付をして、購入時期、購入金額を申請します。

経年償却で、どの程度認められるかはわかりませんが・・・。

自分にとってはもう手に入らないプレミアモノなので、値段は付けられないのですが。

本当に残念。

 

あと、通勤途中事故なので労災の対象でもありますが、相手方の保険で賄えそうなので、会社には報告していません。

辞めることが決まっているのに、今更こんなことの事務手続きに関わりたくないですしね。

一応、休業補償というのも保険会社でも認められるようですが、前年の給与所得証明とか、何かしら会社の承認が必要ということで、こちらも申請せずに所定日数は出勤しました。

 

交通事故も弁護士を立てて慰謝料請求をすると割り増しになることが多いようですが、今のところ、その予定はありません。

仕事も辞めて再就職も決まっていないので、もらえるものは労を徒しても、と思うほうですが、打撲程度で済んでよかったという気持ちもあるし、多少なりとも慰謝料が出るのであれば、それだけでもありがたい、と思います。

勝手に階段から落ちた怪我なら、そういうものもなかったわけですからね。

 

一見不幸な出来事も、あとから考えるとよい転換点に見えることが「トリックスター」と呼ばれます。

私の退職も事故も、そうなったらいいなあ、と思っています。

 

f:id:misaki34:20160604104318j:plain

 

misaki40.hatenadiary.jp

 

 

広告を非表示にする