読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

売上

しごと

営業でも販売でもサービス業でも、モノやサービスを提供して、お客様から対価を受け取るお仕事に携わる人は多いと思います。

私もそのうちの一人です。

 

そういうお仕事でありながら、お客様からお金をもらうのを悪いと感じる人もいるみたい。

値引きしたり、過剰サービスをしたり、簡単にディスカウントしてしまう。

 

たぶん、そうやって自分を気に入ってもらおうとか、よく思われたいっていう心理もあるんじゃないかと思います。

 

でもそれって、自分の提供する技術、サービスにそれだけの価値が無いと言っているのと同じことですよね。

 

そして、どうして自分がお給料を貰えているのかっていうことも理解出来ていないのかな、と思います。

 

本当はこれはいくらで売っているけど、これだけでいいよ。

っていう人は、

本当はお給料いくらだったけど、あんまり頑張ってないみたいだからこれだけね。

って言われて、納得するのでしょうか?

 

ヒドイ!と思いますが、あなたがその商品に同じようなヒドイことしてるのよってことですよね。

 

やっぱり、お客様の大切なお金をいただくのであれば、自信とプライドを持って売って欲しい。

そういうものにこそ、私はお金を払いたいと思います。

そして、決してお金を払う方ともらう方に上下の別はないということも知って欲しい。

お金は奪うものではなく、感謝の気持ちとして受け取るもの。

 

お客様の感謝の気持ちとして、ありがたく戴いたらいいと思うのです。

そして、売り上げて利益があるから、私たちにもお給料がもらえます。

 

自分はこれだけのことをしたと、胸を張ってお金を戴けるようになりたいと思います。

 

 

  

 

広告を非表示にする