気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

限定メテオリットビーユ

化粧はしないと言いながら、こうしていつまでも我が化粧論を語るものおかしな話かもしれません。
ただ、これでも一応、美容に興味はあるのです。
私の面倒くさがりと、ミニマリズムと、美意識との折り合い、ということが、日々のテーマです。

メイク用品のなかでも、リップだけは、結構見たので、だいぶ慣れてきたかと思います。
厳選して買っているので、顔色が悪く見えることはないはず。
でも、いざ、出掛けるときに使うと、なんか違和感。なんでだろう。
その違和感の正体が、トータルバランスにあることに、最近気がつきました。

一応、美容に興味はあるので、勉強、と思って雑誌を見たりはしています。
すると、目元はこの色。チークはこの色。だからリップはこの色。とか。
質感を、こっちを光らせたら、こっちはマットに、とか。
顔全体のバランスをとることが、大切なんですね。
これならある、といって、むやみに茶色いアイシャドウをくっきり入れたり、舞台用のオレンジチークを入れたりしてはいけないのですね!

私の場合、色の組み合わせ、というほど色を使ったメイクはしていませんが、トーンを合わせる、ということくらいはできそうです。
そこで思いついたのが、ベースメイクで使っている、ゲランのメテオリットコンパクト。
色はつきませんが、シルバーラメが入っています。
よく、ハイライトにはシルバー系とゴールド系があり、いつも、イエローベースの私はゴールドのほうが馴染みがいいのかなーと思いながら、悩むのです。

そして先日、ショップ店員さんが、綺麗な日焼け肌ナチュラルメイクをされているのを見て、いいなーと。
いきなり褐色肌は難しいですが、ゴールド系のパウダーだと、ちょっとイメージは近くなる?
折しも、クリスマスシーズンで、ゴールド系ウォーム系カラーが豊富です。
ベースで、シルバー系ゴールド系と使い分けをするなんて、ちょっとメイクに凝ってる感じを味わえそう。

そんな勝手な盛り上がりで、各社比較検討した結果、派手すぎず、粉質も納得すみのメテオリットビーユに決定。
しかも、ケースデザインがこっちのほうが好き、という理由で、ネットで見つけた数年前の限定ゴールドパールバージョンです。
今後中身を入れ替えてもいいしね。

早速使ってみていますが、正直、やっぱり違いはよくわかりません。
まあ、気分転換ということで。
クリスマスコフレを買えなかった私の、せめてもの楽しみです。
今日はゴールドかシルバーか、と自己満足に浸っています。


メイクスタンス

メイクの色物でいうと、チークというものもありますが、これも私は使えません。
まず、ピンクの可愛らしいほっぺは似合わないし、ベージュ系ならば、プロのお姉さんにやってもらったときには、お!となりましたが、自分で毎日やるかと言われたら・・・。
これも、なくてもいいなら、やらなくていいや、という、私の面倒くさがりにかかれば、あっさり諦めです。
私は、チークというよりは、シェーディング派のようで、よって、やはりチークは検討にも及ばないところにあります。

そして、これはアイシャドウにも言えることですが、こういったメイク用品は、きちんと整えたベースメイクがあってこそ、のカラーだったり、血色感だったりするんですよね。
私のように、素のシミやくすみなど、ノイズだらけの顔には、なにをしたって映えることなく、中途半端に汚すだけ。
やっぱり、メイクはやるかやらないか、だと思うのです。
色を乗せたければ、ベースをきちんと整える。
ベースで均一化させたなら、チークもシャドウも入れないと、かえって不自然になってしまうかもしれません。

私はどちらかといったら、演出されたナチュラル感より、もうそのままでいいや、というタイプ。
暑くて顔が赤くなったり、クマやくすみで目元に陰影ができていたり、そういうものは、人間だもの、と思うのです。
そして、素敵なメイク用品を使いたい、お化粧を楽しみたい、という趣味もない。
一応、見た目に不健康にならない程度には気を遣いますが、それ以外は、最低限でいいかな、というのが、今現在の気分です。



カラーライナー

私はアイシャドウが苦手、というのは、その使用意義を間違えていたからかもしれません。
私は、塗るからには、しっかり、はっきり、と貧乏根性丸出しだったのかも。
なんとなく、ニュアンス、薄っすら、匂わせ、というのが、メイクの基本なんですね、きっと。
わからないくらいに、ひとはけ、という加減を知ったら、なるほど、これまで感じてきた違和感がないかも。
でも、それを知っても、知ったせいか更に、そんなことのためにお金も時間もかける趣味はないわーと思ってしまいました。
もう、あっさり諦めます。

そのかわり、アイラインはちゃんとします。
これは、あるとないとでは大違い。
これくらいの手応えがないと、やる気になれないのです。

そして、これこそ小面積で、こっそり効かせる、メイクの真髄ではないですか。
顔は同じで、なんとなく印象が変わる、というのは願ったり叶ったり。
そして、基本黒まつげに合わせるように出来ているので、色の失敗もそれほどなさそうです。
なにより、手間が変わらず、使うライナーを変えるだけ、という手軽さが、自分自身に気負いなくできるのがいいです。

ペンシルでちょっと太めに入れたら、アイシャドウみたいだし、細くて加減がしやすい。
パッケージもほぼ、鉛筆型で揃うし、省スペースだし、収納も簡単。
お値段も、使えることがわかっているので、アイシャドウほど高いとは感じません。
調子に乗って、コレクションし始めています。
アイライン、楽しい!


ヌードコレクション

この秋に再びお化粧に興味をそそられ、いっときリップカラー選びに熱中していました。
そのときに、ロレアルパリの限定リップ情報を得て、とりあえずそちらも見てから、と発売を楽しみにしていました。
去年のリュクスレザーコレクション以来、ロレアルパリは私の好きなメーカーのひとつになっています。

発売はもう少し先のはずでしたが、先行販売しているところを発見し、早速試してみました。
今年はヌードコレクション。
マットなベージュに興味がありましたが、いまいちピンと来ず。
そして、ツートーンのパッケージも、手元に置きたいほどの感動はありません。
色は、ルージュシグネチャーのほうがきれいにつくし、でもこちらもパッケージが好みじゃないという理由で、購入予定はありません。
これなら、夏発売のナクレコレクションのほうがいいかな。
でも、キラキラなら、ベージュのシャインオンがあるしなあ。

楽しみにしていたヌードコレクションでしたが、今はオレンジ系のテラコッタカラーが気になっていることもあって、見送り濃厚です。

カールラガーフェルドの限定アイシャドウパレットも、興味を引かれはしますが、使いこなせる気がしません。
でもこれだけの多色パレットは、ひとつあったらなにかのときに便利かなーと思ったりもして、記念購入するのもありかな、と葛藤しています。

新製品の単色ケースのオイルシャドウというのも試してみましたが、モノはいいけど、使う機会を考えたら、実際買うのは躊躇してしまいます。
今更ですが、アイシャドウって使用面積の割に高くて、薄っすら塗る程度で数千円とか、私にはちょっと意味がわからない、というのが正直なところなのです。

そんなわけで、ロレアルパリは好きだけど、買うものがなかった、というお話し。
他で、化粧品欲を満たしています。



酵素洗顔

私は毛穴が詰まるタイプなので、そういう洗顔料はいろいろ試してきました。

クレイがよいと聞いて、使ったこともありましたが、私の角栓まではなくならず。
かといって、洗浄力が強いものだと肌自体が薄くなってしまうようだし、その折り合いが難しいところです。
こんにゃくスクラブもよかったのですが、もう少し効いていそうなのが、炭酸クレンジング。
夜はこちらを使用しています。
 
朝は、洗顔料はいらないという説もありますが、毛穴が詰まりやすい私は、使ったほうがよさそうです。
最近気に入っているのが、酵素洗顔
だいぶ毛穴が目立たなくなったように思います。
今いろいろ試していて、使い切りごとにローテーションしていく感じになっています。
粉状だと、なんだか洗浄力が強そうなイメージでしたが、肌にダメージなく汚れだけ溶かしてくれるって、最高ですね。
泡立てはテキトーですが、擦りさえしなければ、肌を痛めることはなさそうです。