読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

矯正中

あと少しで、5月の慌ただしい日も終わります。
今回は追い込まれるというより、悠長に構え過ぎた感じです。
もうちょっと、緊張感を持たないとな。

なんとなく集中しきれない感じがするのは、合わせてダイエットなんかもしているからかもしれません。
ダイエットなんて本格的なものではありませんが、せっかく決まった日があるなら、それを目指して節制するのもいいかな、と思い立ちました。
普段だと、ダメだな〜と思いながら、まいっか、と流されてしまいます。
そろそろリセットしておかないと、というお腹周りの危機感もちょっとあり。

私の場合、食事制限というより、お菓子制限!
ついこの間まで、ポテトチップスのプリングルスにハマっていて、一日一本のペースで消費していました。
これはマズい。

始めはポテトチップスは封印!と思いましたが、ちょうど母からの荷物に入っていたものがあり、3日に一度くらいなら・・・と誘惑に負けて食べちゃったり。
他にもまったく間食なしというのは無理なので、蒟蒻ゼリーとか、おからクッキーとか、梅昆布とかをつまむようにして、せめてもの抵抗。

それでも効果はあるようで、少しお腹周りがスッキリしてきたような気がします。
変化がわかれば嬉しいし、慣れればこれが普通なんだろうけれど、食べたいときに食べたいものが食べられないのは、やっぱりストレスを感じます。
食べたい、いや、ダメダメ、という葛藤に疲れちゃうというか。
それから、カロリー不足で気力体力もしぼんでしまったら、意味がない。
目標に集中しなきゃいけないのに、余計なことをして本来の目的を邪魔するようでは、本末転倒です。

やっぱり、普段から気をつけるのが正解ですね。
本当なら、いい歳をしてお菓子癖なんてやめたいとは思っているのですが。
好きだから仕方ない。
せめて、害にならないように楽しみたいと思います。





夏のインナー

ここ何年か、無印良品のカップ入りインナーがお気に入りです。

冬はセーターの中にキャミソール、夏はフレンチスリーブ、というサイクルでやってきて、今年もフレンチスリーブの補充をするつもりだったのですが、まさかの廃盤。

とてもショックです。


夏のインナーを再検討しなければならなくなりました。

今更ブラジャーなんて付ける気にならないし、ただでさえ暑いのに、締め付け重ね着はしたくない。

普通のTシャツタイプを試してみようかとも思いましたが、私は夏でも長袖派。

たぶんTシャツを着ていても、なにか羽織ることにはなりそうだから、袖があるのはかえって邪魔かもしれないなあ。

そうすると、残るはキャミソールタイプ。


今年の無印良品のインナーは、シルク入りっていうのがウリらしいです。

肌触りはよさそうだけど、ウチは乾燥機使用です。

それに耐えられるかどうか、という問題もあります。

じゃあ、ユニクロのエアリズムにするか。


ユニクロはホールドがしっかりするぶん締め付けもあるし、密着のせいか素材のせいか、綿より暑く感じます。

とりあえず、ユニクロのキャミソールはまだあるし、無印良品の次の良品週間が秋になるなら、それまで手持ちのインナーがもちそうにもないし。

割引価格のうちに、新しいキャミソールを試してみることにします。


カップの形が変わりましたが、着用感は変わらず快適です。シルク入りらしく肌触りは気持ちいいし、サラッとします。

一度洗濯乾燥したところでは、それほど酷い劣化はありませんでした。


もう一つ、無印良品には「カップ付き」というタイプもあります。これは成形カップが縫い付いているタイプ。

こちらは初期に試した時には、カップの上端が食い込むまではいかなくても、あたる感じで、私には合わないみたいだったので、今回も選考からは除外です。

カップの出し入れの手間がないのはいいんですけどね。


着ていてラクなのは、無印良品のカップ入りインナー。

ユニクロのほうが胸の形はキレイに作れる感じだけど、そのぶん締め付けの苦しさと背中の肉の段差と、皮膚の擦れ跡の色素沈着とかが気になるので、よそ行き用な感覚です。


そしてやっぱり、フレンチスリーブのカップ入りが復活して欲しいなー。

来年に期待です。






日常の些事

連休中はよい天気が続きましたね。

私は行楽とは無関係な日々でしたので、ただただ暑い!

冷房にはまだ早い、と思って我慢したので、真夏より暑い思いをしたかも。

真夏になると、エアコンを24時間付けっ放しなので、家の中はすこぶる快適なのです。


さすがにこうも晴れると、なんかしないともったいない気がして、ベッドリネンやカーテンを洗濯しました。

そして、春夏仕様へ入れ替え。


あと、ちょっと前にレンジフードも洗いました。

これはいつの間にかサボっていたみたいで、なかなか洗い甲斐がありました。

強力洗剤より、こまめなお掃除が大事ですね。


そういえば、今年はエアコン清掃もお願いしないとな。

うちは一年おきのペースで、プロにお願いするようにしています。


あとは窓拭きと床拭き。

これはいつも腰が上がらない。

古タオルもたまっているので、そろそろやらないと。


犬の注射も行かなくちゃ。

と、そんな毎日です。



近況

世の中ゴールデンウィークに入ったようですが、私には関係ありません。

ただいま5月のイベントに向けて準備中のため、なにかと予定が入ったりと慌ただしい毎日です。

そんなことで、新しく仕事を始めようなんて気分になることもなく。


ももう退職から一年。

今も充分楽しんでいますが、そろそろ変化があってもいいかなあとも思います。

そうは言っても、今は目の前のことにかかりきり。

やるべきことに集中したいと思います。





一流のサービス

うちの近所の図書館。

小さな町の、小さな図書館です。

蔵書も多くはないし、新しくもないし、特別なことはなにもありません。

でも、素晴らしいのは司書さんの対応。

 

貸出カウンターに近づく気配に、すぐさまパソコン画面から向き直って手続きしてくれます。

席を離れていても作業の手を止め、素早く戻って出迎えてくれます。

返却時にも、なんの手続きもないのに、正面に歩み寄って直接受け取ってくれます。

 

文字にしてみたら、なんの変哲もありません。

どこの図書館でも当たり前の、通常業務かもしれません。

でもその速さが、素晴らしいのです。

 

気配に気づく速さ。切り替えの速さ。

当然、皆さん仕事中ですから、色々と作業をしています。

そこに突然現れる利用者。

普通だったら、気づいてから手を止めるまで、向き直るまで、多少のタイムラグはあるはずです。世間一般で、黙認されるくらいの、一拍の間。

私も他ではそのように扱われてきたし、自分もそれくらいの間は許されると思ってきました。

集中して作業をしているとき、ふいに中断されると、元に戻るときに時間がかかります。

終わったところを探す手間が増えます。

だからなるべく、手を放す前に、ここまでやった、という自分自身の確認の一瞬が、大切だったりするのです。

ただそれは、こちらの作業効率の話。

もし中断者が、お客様だったら、上司だったら、優先すべきはどちらでしょうか。

わかっていながら、私も散々ズルしてきました。

ほんの一瞬。

相手に気付かれないようにしながら、自分の都合を挟んできました。

 

それを、こちらの図書館の司書さんは、揃いも揃って気持ちよく、迷う間もなく利用者に対応してくれます。

誰が、ということもありません。

誰もが、すぐに反応するのです。

そうなると、反射神経の問題、個人の資質だけではないようです。

仕事についての意識の持ち方、それから、それを共有できる職場の風土。

 

作業に集中していればいるほど反応が遅くなるということもあるでしょうが、それもたぶん言い訳。

最優先がお客様であるなら、集中力もそれに合わせて調整するのがプロなんだろうと思います。

もし私が言ったみたいに、作業に戻るのに時間のロスが出たとしても、それはロスではなく、必要な時間として振り分けるべきものなのかもしれません。

これくらいいいだろう、とか、どうせバレない、と思っていた自分が恥ずかしくなります。

 

こんな些細なこと、一瞬のこと、目に見えないことで、印象が左右される。

その差が、感動を生む。

分かっていながら、やっていないこと。

一流とそれ以外との差は、こういうことなのかもしれないと思いました。