気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

アトピー再発

頬のカサカサが少し落ち着いてきたかと思ったら、今度は顎下がカサカサします。
ここまではBBクリームも塗り込んでいないし、やっぱり乾燥かなーと思い、とりあえずクリームやオイルを塗ってみました。
ですが、全然よくならない。
単発サンプル品が、乾燥にいいよってお話だったので、それも塗ってみましたが、やっぱりダメです。
だんだんお湯が沁みたり、痒みが出てきて、ふと思い出しました。
これは、アトピー湿疹ではないか!

久しぶり過ぎて忘れていましたが、前はよく首に出来ていた湿疹が、こんなカサカサでした。
そうか、湿疹だったか!
もうだいぶ長引かせてしまったので、そうと分かれば、とりあえずステロイド塗り薬で落ち着かせます。

出始めの頃のことは、もう定かではないのですが、クリスマスからお正月にかけて、普段とは違う食べ物を口にする機会は多かったです。
外で豚肉を食べたり、グラスフェッドやグルテンフリーではありますが、市販のローストビーフやチーズケーキを食べました。お正月のお雑煮に使ったいちご煮缶は、うっかり確認を忘れて、添加物が入っていました。
加えて、この乾燥と、新しい化粧品と。
そんなことが重なったからでしょうか。

出来てしまった湿疹は仕方がないので、塗り薬で様子をみることにして、ファスティングをしながら、立て直しをはかっています。




レカルカBB

信頼のダブルフラーレンモイストUVミルクですが、そろそろなくなるのを機会に、ちょっと他も試してみたくなりました。


ちょうど幹細胞コスメと言われるものが気になっていたことと、やっぱりファンデーションは必要か、と悩んでいたところでした。
本当は、レカルカの幹細胞美容液を使ってみたいと思っていたのですが、美容液はまだ他のもので間に合っているし、ならばビタミンC美容液を追加するか、と迷っていたところ。
同じメーカーのBBクリームが、UVカット、色付き、美容成分入り、ということで、よければダブルフラーレンモイストUVミルクの代わりにも、ファンデーション要らずにもなるかも、と思い、試しに買ってみました。
 
これは本当に伸びがよくて、普通の日焼け止め感覚では、色付きのぶん厚塗り顔になってしまいます。
ほとんど液状なので、ほんの1〜2滴程度で顔全体に塗るくらいがちょうどよさそうです。
でもそうすると、薄過ぎて紫外線防止効果がちょっと不安?
色味(23番)はとても自然で、本当に自分の肌のよう。ということは、自分の肌色そのままなので、多少の色ムラはカバーしてくれますが、顔色を明るくしてくれる感じではないようです。まさに健康的な肌色、という感じ。
色付き効果は感じますが、化粧品屋さんのお姉さんには、ファンデーション塗ってますか?と聞かれてしまったので、あくまでBBはBBなんですね。
 
幹細胞美容成分入り、ではあるようですが、この時期のせいか、私は頬骨の上ら辺がカサカサしてしまいました。
これは乾燥のせいなのか、もしかしたら、こちらの美容成分が合わないのか。
上から下から保湿を試みていますが、カサカサはおさまらず。
この辺で諦めて、残念ですが、春までお預けしようと思います。
 
ドゥ・ラ・メールのクッションファンデーションよりはカバー力があるし、崩れないし、一本ですむのはとてもいいのですが、ドゥ・ラ・メールもアンブリオリスも太刀打ちできない乾き加減。
成分による肌荒れなんだとしたら、美容液も危ない可能性があるので、一旦選択肢からは除外です。
 
そんなわけで、結局はダブルフラーレンモイストUVミルク。
こちらの色付きも気になるんだよな。
懲りずに試すか、迷います。
 
 
 

アンブリオリス

冬の乾燥が歳をとる。

まさに、実感する歳になりました。
去年あたりから、冬に老化を感じるようになりました。
それだけ、乾燥しているということ。
そして、その乾燥に打ち勝つだけの肌力がもうないということ。
乾燥は、確実に肌にダメージを与えるということ。
もう、面倒とか言っていられないので、とにかく保湿はしっかりするように気をつけています。
 
今年は初めて、アンブリオリスのよさを知りました。
水分と油分をちょうどよく補ってくれるそうで、ベタつかないし、乾燥もしません。
肌も苦しくないし、いくらでも重ねて塗れて、保湿し放題。
 
ドゥ・ラ・メールも乾燥はしませんが、クリームだと一度でぴったり密着して、肌そのものになってしまう感じです。
しっかり塗られている感覚があるので、重ね塗りをしようという、物足りない感じはしないのですが、もう肌そのものな感覚なので、この乾燥時期は、その肌ごと、保護したい感じがして、そこにアンブリオリスがちょうどよい感じでした。
 
そういえば、ドゥ・ラ・メールのミルクローションがアンブリオリスの触感と似ているので、冬の間はミルクローションを重ね付けする、というのもよさそう。
来年はそうしてみようかな。
 
 
手にも顔にも、とにかくこれさえ塗っておけば、となくてはならない存在になっています。
 
 
 
 
 
 

最新美容液

昨年末、@cosmeの懸賞で高級ブランドの美容液が当たりました。
こんなことでもないと、使うこともなかったと思うので、素晴らしい機会です。

こういうブランドスキンケアって、イメージ広告が多い気がして、なにがどういいのか、いまいちピンとこなくて、試したい、と思うこともなかったのでした。
今回も、過労肌に効く、という触れ込み。
いやー、私、疲れてたっけ?
毎日のんびり過ごして、胃が痛くなるようなストレスも感じることなく、ゆるくゆるーく生きてるような人間です。
そんな私に使う価値があるのかどうか、と思いましたが、せっかくいただいたので、ワクワクしながら使ってみました。

そうしたら、まあ、なんてこと!
私ってば、疲れていたんだわ!となりました。
私が、というより、肌が、というべきか。
認めざるを得ません。
眉間のシワが薄くなり、ほうれい線が引き上がり、まぶたも窪まず、顔が明るくなっています。
化粧品ひとつでこんなことまでできちゃうの!?と驚愕いたしました。

いやーやっぱり、化粧品は日進月歩。
最新化学は素晴らしいですね。
とはいえ、いつものプラセンタがなければ、眉間のシワは元通り、もしくはより酷くなるので、やっぱりプラセンタは必要なようでした。
要するに、またひとつ、アンチエイジングアイテムが必要な年齢になったということです。
でもまだ、化粧品ひとつでここまで頑張れるということがわかったので、もう少し、足掻いてみようかと思います。

そして先日、いつものディオールのお姉さんのところに行ったら、こちらでもスキンケアラインサンプル豪華版をいただきました。

これは素晴らしい引き寄せ。
そして、もう少し頑張りなさい、というお告げでしょうか。
どうやってアラを隠そうか、と悩んでいましたが、やっぱり肌の調子がいいと、それだけで私は満足です。
使いこなせないファンデーションを買うより、こういうスキンケアに投資するほうが、私には合っているようです。

まあ、そうは思うけど、メイク用品には夢がありますからね。
これで私も綺麗になれる?みたいな。
最近覚えた、幹細胞コスメというのも試してみたいし、楽しい悩みは尽きません。




洋服とお出掛け

いつものお姉さんから、今年もお洋服の支給がありました。

いつも素敵なお洋服をいただくのですが(しかも新品)、今回は本当に自分では買わないタイプ、いただいても着られないんじゃないかと思ってしまったくらいに、私らしくないお洋服でした。
可愛い人が着れば可愛いはずなのに、私ではどうも、作業エプロンかマタニティにしか見えないような気がします。

せっかくなので、着たい気持ちはあるのですが、でも自分らしくない洋服を着て、貴重なよそ行きチャンスを消費してしまうのか。
そんなことで悩みましたが、モノは試し。
自分のところに回ってきたことにも意味があると思って、チャレンジです。
まあ、着てしまえば、お洋服自体は素敵なので、おかしくはなさそうです。
自分がちょっと落ち着かない気分になるだけ。それも一日着たら、なんとかなるものです。
いただきものは他にもあるので、こちらも早く着る機会を作らなければ。

なんと言っても、自分で買った洋服すら、まだ着ていないという、この出不精。
それなのに、また新年セールでセーターを買ってしまうという。
これは仕方ない。新年セールにかかったら買う、と決めていたモノだったからー。

これで、いつでもお出掛け準備は万端です。
12月はイベント続きでなかなか時間が取れないこともあったので、これからは少し、外にも出ないと。
さて、どこに行こうか。