気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

神の試練

ファスティング数日目。

神は試練をお与えになりました。
 
要するに、断食中におやつの誘惑があっただけのことです。
でも、目の前に剥き身で差し入れられたら、食べないわけにもいきませんよねー。
しかも小麦粉。さらに、パンのお土産まで。
 
ちゃんと公言して、断固たる決意で臨んでいない私の責任なのですが、まあ、こういうところは緩くいこうと思っていたので、長いものに巻かれます。
 
すぐにその日のファスティングは諦めて、美味しくいただくことにします。
ちょうどパンもひと月ぶりくらいで、たまの経過観察にちょうどいいか、とも思い、おなかいっぱいいただきました。
 
するとその後、久しぶりに手湿疹が痒くなりました。
小麦の影響かどうかは分かりませんが、要注意です。
 
また明日から、頑張ります。
 

完全無欠バターコーヒー

糖質&グルテンセーブの生活にも、少しずつ慣れてきた頃です。

この間温泉に行って体重計に乗ったら、私のここ数年見慣れた数字から、3kgほど減っていました!
これは若かりし頃の懐かしい数字。
もういい歳だしねーと、自分に許してきてしまった増量分。
これはやっぱり嬉しいです。
 
そんな中、また新たに出会ってしまいました。
こちらも今さら、バターコーヒー。
 
いっときブームになりましたから、見たこと聞いたことはありました。
このたび図書館で見つけて読んでみたら、面白い!
大変興味深い内容でした。
正直、一日26時間も、高速回転の脳みそも、20kgの減量も特に必要は感じないのですが、細胞のデトックス効果があるらしく、そこに惹かれてしまいました。
 
今、18時間ファスティングにチャレンジ中です。
すでに糖質制限の素地があったことで、身体のほうはわりとスムーズに取り入れられている模様。
これ、毎日決まった時間で生活をしている人はやりやすいでしょうが、私のように不規則な生活をしていると、断食スケジュールを立てるのが結構大変。今はその計算で頭がいっぱいです。
 
身体の中から綺麗になれたら素敵!と思うし、自分に合う食べものが分かり、自分をコントロールできるようになったらそれも素晴らしいことだと思うので、少しずつ調整していきたいと思っています。
 

静かな選択

お鍋とともに、いなくなったもの。

乾麺の買い置きを、処分しました。
 
軽い気持ちで糖質制限を始めて、そういった炭水化物は控えていましたが、糖質制限に飽きたらそのうち食べるかも、と思って保管していました。
でも、一度知ってしまうと、小麦の悪い情報ばかりが目に入ってきます。
そうなるともう、無理して食べる気にもなれなくなってしまって・・・。
 
もったいない気持ちはもちろんあって、誰かにあげようかとも悩んだのですが、理由が理由だけに、言い出しづらく。
糖質制限の説明をするのも面倒だし、さらに、自分が良くないと思って食べないものを、親しい人に食べさせるというのは・・・と考えてしまうと、とても渡す勇気が出ませんでした。
 
これだけ世に出回っているということは、それに携わる人もたくさんいるはずです。
小麦を大切に育てて、それを加工して販売して、生活をしている方もたくさんいらっしゃる。
きっと知らないだけで、私の近い繋がりにもいるんだろうと思います。
そういう方たちのことを思うと、とても申し訳ない気持ちにもなります。
 
その一方で、グルテンフリーや無添加にこだわり、努力している方もいらっしゃる。
私はただ、そちらを応援すると決めただけのこと。
ただそれだけのことなのです。
いい悪いではなく、不公平でもなく、どちらを選ぶかは、個人の自由。
そう考えたら、不思議な罪悪感も軽減される気がします。
私は、静かに静かに、選択しようと思います。
 
 
 

キッチン整理とスパッター

食器の入れ替え整理につられて、鍋やキッチングッズも処分です。

これまで、活力鍋と、テフロン加工のお鍋を所持していましたが、サイズがほぼ同じ。
これからの食事内容では、生食、もしくは茹でることがほとんどになりそうなので、もうひとつ小さい片手鍋もあるし、ふたつもいらないと判断しました。
活力鍋を残して、テフロン加工のほうを処分します。
 
そして、しばらく使っていないおたまとフライ返しも。
小さいサイズが気に入っていたのですが、まず使うことがありません。菜箸で足りてしまうんですよね。
一旦処分して、様子をみたいと思います。
 
なので、今キッチンの引き出しはカトラリーと菜箸と味噌漉しとはさみ。
このはさみが、頂き物であったものをそのまま使っているだけのもの。
黒いプラスチックの持ち手で、使い勝手も悪くないしシンプルと言えなくもないけれど、ちょっと好みではないのです。
これも、次はこれにしたい!と思っていたものがあったので、思い切って買い換えることにしました。
 
鳥部製作所のキッチンスパッター。
素敵だな、と思いながらも、ちょっと高いなーとケチる気持ちもあって、食器みたいに、なかなか買い換えのタイミングが掴めずにいました。
これまでは、切れればなんでもいいし、と思っていましたが、引き出しを開けるたび、モヤっとしていたことを、今改めて再認識。
やっぱり、気に入ったものだと気分がいいです。
 
お鍋を処分して、かなり余裕ができたキッチン収納。
憧れのストウブのお鍋、はまだ機が熟していないので、もうしばらく今のお鍋を活用予定です。
食事内容も今は過渡期で、道具も、食品や調味料も、要不要の選別がもう少し続きそう。
流動的なキッチン収納です。
 
 
 

ベルジアンチョコレート

いつものお味噌を探しに、隣町のスーパーまで遠征してきました。
残念ながら、白はあるけど赤がない。
迷った挙句、マルマン生みその赤に似た、他メーカーのお味噌を試してみることにしました。

それとは別に、いいものを見つけました。
糖質制限のなかで、チョコレートだけは許されているので、私の蜘蛛の糸、チョコレートだけは欠かしません。
食べてもよいといわれているダークチョコレートにも幅があり、私にとって80%を超えると苦く、70%くらいの甘さがないと、甘いものを食べたという満足感が足りません。

でも、曲がりなりにも糖質制限中。
ずっと70%あたりが自分のベストバランスと思って維持してきましたが、カカオ分が高いほうがいいに決まっています。
なので、あれこれ試してカカオ分を上げる練習をしている最中です。
そのかいあって、少し高カカオに慣れてきたこともあると思いますが、この85%は美味しかった。

f:id:misaki34:20190703120802j:plain


しかもお手頃。
わざわざ再訪し、まとめ買いしてしまいました。
食べ過ぎ注意です。