気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

冬の買い物

秋に向けて衣類のシミュレーションなどしてみましたが、結果、特に買い足し必要なし、という状態。

昨年末にニットコートを買って以来、ほぼ衣類の買い物は劣化買い替え。

まあ、ラクでいいんですけどね。

そして希望したわけではないのに、すっかりユニクロワールドの住人です。

機能的には申し分ないし、使い捨てできる価格にも納得だし、不満はないんですけど・・・安易すぎるのが気になったり。

大好き!と公言するほどではないですが、いつもお世話になっています、とは言わざるを得ない関係性です。

それでも、欲しいものがある、ハズレがない、というのはすごいことだと思うので、やっぱり『ユニクロすごい』と言うしかありません。

 

そんなわけで、普段着は「いつもの」ですませられそうな中、足りないもの発見。

今年は、冬の主役、ダウンジャケットを買わなければいけないのでした。

いつもだったら夏真っ盛りの8月に、そんなこと想像もできませんでしたが、今年は天気がよくない日が多く、気分はすっかり秋。妄想もはかどります。

前のダウンも件のユニクロさま。

気に入っていたのですが、さすがに5年も経てば薄汚れてきた気もします。

本人は気にならなくても、はた目にそう見えるようだと恥ずかしい。

うっかり継続して着てしまわないように、シーズン終わりに先んじて処分してしまいました。

軽くてあったかくて、雨にも強くて型崩れもしない、普段着としてダウンはやっぱり外せません。

なくてもいい、という選択肢は取れなさそうです。

 

昨年も購入は検討していて、候補はこちら。

DUVETICA

 

見た目はウール表地が好みだけど、雨に着るのはためらわれるかな?

ダウンには雨の日要員にもなってもらわないといけないし、普通のナイロンのほうがいいかなー。

街着として着るので、長さは腰丈で十分。

ステッチ幅は広め、フードあり、ファーはなし、というのが希望です。

 

まだ8月、まだ早いよー、と思っていましたが、いつものユニクロさまでも一部お目見えしていました。

ブランドにこだわりはないし、防寒に重きは置いていないので、色とデザインが気に入るのがあれば、ユニクロももちろんアリです。

っていうか、値段が全然違うから、ユニクロのほうが気に入れば、それはとてもよいこと!

買わなきゃいけないことは決まっているので、今からじっくり情報収集して、冬に備えます。

衣替え? 2017秋冬

最近の普段着は、ユニクロのUVパーカーにエアリズムパンツ。

またはLaniスカート。

夏はとにかく汗が気になるので、汗染みが気にならないもの、気兼ねなく洗えるものが一番です。

 

もうこのスタイルも3ヶ月。

エアリズムパンツはもともと毛玉ができやすい素材で、私も遠慮なく乾燥機にかけてしまうものだから、劣化が気になるころに定期的に入れ替えます。

これは運動着も兼ねていて、通年使用なので、もう悩む余地なく買い替えです。

そして、そろそろこちらも寿命なのがUVパーカー。

昨年までは同色2着で着まわしていたところ、今年は外出しない日もあるし、他に着たい服ができるかもしれないし、とシーズン初めに一着しか用意しませんでした。

でもやっぱり便利。

つい、毎日のように着てしまい、結局は一択状態で、瀕死のくたびれ具合です。

毎年、今頃になるとさすがに飽きてきて、ちょうど入れ替え時期としてはよいくらいなんですけどね。

気持ち的に区切りのいい、8月いっぱいまではこのパーカーで頑張ろうと思います。

 

くたびれ仲間では、無印良品のインナーももう限界です。

新しいシルク入りのキャミソールを試しましたが、あっという間に色褪せてしまいました。

確かに手触りはよかった。初めは。

着ていて涼しいのも、エアリズムより天然繊維の無印良品です。

ただ、私の乾燥機使用の手入れに問題があるとしても、ちょっと劣化が早い印象でした。

これでは、私のリピート買いはなさそうです。

それよりも何よりも、フレンチスリーブのカップ入りインナーが復活してほしい!

襟ぐりのラインや腋のフィット感は、キャミソールにはない良さだったんだけどな。

本当に残念です。

 

そんなわけで、9月に入ったらカーディガン、それから運動着の長袖Tシャツを一枚で着て、そのあとはGジャンやレザージャケットを羽織り、ニットコートを羽織り、そのうちダウン解禁、となる流れ。

衣替え、というほど変化もなく、季節は移ろっていきそうです。

 

 

 

 

 

 

 

近況

世の中お盆休みのようですが、私には関係なし。

お参りも、夏の暑いさなかに犬を連れての移動は心配なので、いつもこの時期の帰省はしていません。

いつもどおり、家でのんびりです。

今年は天気のよくない日が多いようで、エアコンはずっと除湿弱。

それが意外にもよく効いて、寒いくらい。

真夏に布団を掛けて寝るなんて!

なんだか夏らしくない日々です。

 

暑いからか、エアコンのせいか、最近はだるくて眠くて仕方ありません。

なんだかスッキリしない毎日で、物欲も下火が続いています。

洋服はどう考えても必要ないし。

食欲にも向かないし、でもそれはそれで、身体にとってはいいことなので、あまり刺激しないようにして。

おかげでお腹まわりもちょっとはお肉が減ったような気がしています。

 

無理に我慢しているわけではないのですが、無買生活が長引くと、趣味嗜好品の類はどのタイミングで買ったらいいのか、わからなくなってきます。

 

少し前からバッグの買い替えは考えているのですが、今急いで買う必要はないし〜と思っているうちに、数ヶ月が経ちました。

長袖パジャマも去年は買いそびれて、今年こそは買うつもりですが、はたして・・・。

あ、冬のダウンジャケットはシーズン終わりに処分してしまったので、これは買わないと。

でも、いざとなったらユニクロで十分だし、と思うと、年明けまで粘っちゃうかも。

 

必要ないものまで買うのも嫌ですが、アレコレ迷う楽しみがないのも、張り合いがないなあ。

景気づけに何か買おうかな、と思うものの、でも、何を買おう?

どうも調子の出ない夏です。

 

 

続く理由

前の職場をやめてから、早一年。

同僚だった方から、久々メールをいただきました。

唯一仲良くしていた人で、昨年の10月にお会いして以来です。

彼女の連絡はいつも会社名義の携帯で、私は彼女の個人的な連絡先を知らないので、こちらからの連絡は控えていました。

しばらく連絡がなかったので、もしかして退職されているかも、とも思っていました。

だったら、連絡先が別の人に繋がる可能性もあるわけで・・・。

失礼な話ですが、私が辞める前にも、彼女も進退でいざこざしたことがあり、最後に会ったときにも、私もいつまでいるかわからない、と言っていたので、未だに頑張っていることに驚きもしました。

 

私がすでに諦めて一線引いて淡々と勤める間にも、彼女は主義主張を持って周りとぶつかることもあれば、私に不平不満を漏らし、憤ることもたびたびでした。

私は愚痴や悪口は嫌いですが、彼女の考えとは通づるところがあるし、言いたいことはよくわかるので、そんな時間はよい気分転換になりました。

サッパリとした気性も、付き合いやすかったのだと思います。

 

ふと、その当時のことや環境を思い出して、あれほど文句を言いながらも、よくまあ続けていられるな、とか、もしかして少しはやりやすくなったのかしら、と思うも、そう簡単な状況じゃなかったな~と思ったり。

どうして彼女は続けられて、私は続けられなかったか。

比べられることじゃないけれど、そんなことを考えたりしました。

私と彼女の違い。

もしかしたら、そこで働くことの意味、なのかもしれないと思いました。

私があの職場で頑張ったのは、最終的にはお金のためでした。

仕事は好きだったけれど、それも、どうせ働くなら、という程度のもの。

その証拠に、働かずに生活をしている今、わざわざあの場所に戻りたいとは思いません。

要するに、あの場所にいたのは少なくともお金がもらえるから、という理由が一番だったんだろうと思います。

一方の彼女は、主婦で生活の不安はなく、お金がどうこうより、自分の時間を有意義に使いたい、という気持ちが強いのだろうと思います。

だから純粋に、顧客のことを考えて働き、会社のことを考えて行動し、自分のやるべきこと、やりたいことをあの場に求めて実現させるために邁進している。

それはきっと、自分のため。

 

世の中では、やりがい、とか呼ばれるものなのかもしれません。

自分なりのやりがい、その場所にいる意味。

結局はそういうものが、いちばん大切なんだろうな、と思います。

 

 

トイレットペーパー問題

8月になりました。

やっと夏が半分過ぎたと思えば嬉しいような、まだまだ続くと思うとうんざりするような。

ただ、今年は例年より涼しいような気がします。

まあこれからが本番なので、来月にも同じことを言っていられるかどうか。

 

とにかく夏は「出ない」ことを第一に生きているのですが、そうはいっても、なにもしないわけにもいきません。

なるべく昼間の外出は避けて、犬の散歩は朝。用事も夕方以降にまとめます。

そうすると困るのがスーパーの買い物。

いつもは犬の散歩のついでに買い物に行くのですが、夏はオープン時間まで待っていては帰りが灼熱。散歩ついでは諦めます。

あとは、用事のついでに寄れればいいのですが、ナマモノ、嵩張るものは出先では買えないし、帰りが遅いとお店も閉まってしまうし。

いつ買うか、というのを計画的に進めていかなければなりません。

 

今回、危なかったのがトイレットペーパー。

そろそろ補充しないとな、と思いついても、買いに行く目処が立ちません。

さて、どうしよう。

こういうモノこそ、ネット宅配を頼めばいいのでしょうが、なんとなく、自力で頑張りたい気持ちがあるのです。

半分意地みたいなものでしょうか。正当な理由は全くないのに。

どうでもいいものは簡単にネットで頼むのに、変なものです。

このたびはどうにか予定が合って、切れる前に補充できましたが、これは今後改めるべきか。

 

消耗品なんだから、もっと早めに十分な量を持てばいいのでしょうが、それもなんだか目障りで。

ネットだと、楽天イベントのタイミングとか配送にかかる時間とかを見越して、かなり早い段階で補充されることになるでしょう。そう思うと、いつもネットで頼むのを躊躇してしまっているのです。

値段だって何十円くらいの差でしょうし、持ち帰る手間を考えたら、納得できるものだとは思います。

ただ何となく、家の中にたくさん積んでおきたくないなあ~というだけの気分的問題。

 

あートイレットペーパー買いに行かなきゃ!と数か月に一度慌てるのと、我が家にトイレットペーパーがたくさん積まれているのと。

さて、どっちがストレスか。

 

それにしても、トイレットペーパーはどうして12ロールセットが主流なんだろう。

小分けのほうが、持ち帰りも保管も楽なのにね。

今時、まとめ買いもそれほど大安売りにならない世の中です。

今まで気にして見たこともありませんでしたが、近所で少量パックを探すという手もありそう。

私の、なるべくストックは持ちたくない病のひとつです。