気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

チェックの誘惑

洋服の悩みは続きます。

どうしてこんなにハマってしまったかというと、無印良品で見かけたチェックシャツ。

いいな、と思ったものの、私はシャツが嫌い。

カッチリかしこまった感じがするし、肩が凝りそう。

だから、チェックがいいな、と思っても、シャツはないな、と素通りしました。

ところがそのあと通りかかったディスプレイで、チェックスカートにヒールのブーティを合わせているのに、ガツンときてしまいました。

これ着たい!


ディスプレイのイタリアジーンズブランドは、私の好きな路線ではあるものの、実際買って着るほど好きではない、というところだったので、商品は見ずにアイデアだけいただきます。

チェックのシャツワンピースに、ブーティ。

なんだかしっくりイメージが湧いてくる、と思ったら、まんま、5、6年前に自分が着ていた組み合わせでした。

ローリーズファームの、赤黒チェック。

とことん着て、ワンシーズンで手放した気がする。懐かしい・・・。


それから、チェック、チェック、でひたすらネット検索。

そこで気付いたのが、カジュアルシャツなら私にも着られそう、ということ。

羽織りものって、私の中ではとにかくカーディガンっていうイメージだったのですが、シャツもアリだな、と開眼しました。

そういえば、昔は私もガーゼシャツを重宝していたなぁ。

しばらく職場を意識して、大人しく目立たない服ばかりを選んでいたので、デニムカジュアルなテイストは避けていたけれど、今の私は自由!

好きな服が着られるんだ!


そうは言っても、シャツを羽織って過ごしたい時期は、もう半分くらい過ぎてしまっているような。

もちろん、冬にもシャツにダウンっていう普通の着方があるだろうけど、面倒くさがりの私のこと、わざわざ得意じゃないシャツを着るかな? 

お出掛け着に合わせるにしても、チェックシャツに合いそうなのは、ホワイトデニムくらいだし。

ひとまず、チェックシャツは買わないBOXに移動です。


その間2.3日。

歩けばチェック。振り向けばチェック。横切るチェック。追い越すチェック。

もう、気が触れたんじゃないかと思うくらい、行き交う人々がチェックを着ている。

私も気になっているから、過剰に反応しているんだろうけど、凄まじいチェックの嵐。

面白かったのは、若い子のオシャレチェックだけじゃなくて、おじさんの普段着チェックにもいいね!と反応している自分。

とにかくチェックの気分みたいです。


チェック探索の結果、シャツほど多数じゃないにしても、ワンピースも発見しました。

それも、私の好きな真っ直ぐラインのシャツワンピース。

ルブタンのブーティに合わせるとしたら、赤系の色が入っていた方がいいかな、と思っていたら、まさに赤黒。

もう少し白とか青とかも混ざったお洒落チェックがよかったなーと思ったけど、白黒ワードローブに染まった今の私には、リハビリ的に、これくらいの方がいいのかも、なんて、都合のいい言い訳も出てきます。

しかも、yoox価格で定価の半額。

その翌日には、期間限定さらに25%OFF!

これは、奇跡の出会いか⁉︎


でもね。

私もこの数年、学習したわけですよ。

確かに、今までにない閃きでアピールされてるわけですが、本当に着る機会があるのか。

残念ながら、10月以降人に会う予定は白紙。

もちろん、カジュアル服だから日々着る機会はあるだろうけど、その程度の用事なら今ある服でも十分用足りています。

それなのに新たに追加する意味はあるのか。

増して、今流行りのチェック柄。来年には着られないかもしれないのに、何度着る機会があるだろう。

そう思うと、やっぱり買えない。

でも考え方を変えたら、ちゃんと洋服を活用するように、もっと出掛ける用事を作ればいい、ということを言われているような気もするのです。


好き、欲しい、だけじゃ買えない。

とはいえ、それ以外に洋服を買い足す理由もない。

どこで折り合いをつけたらいいものやら。

ずーっと商品画面を眺めながら、唸っています。





葛藤クローゼット

久しぶりに洋服に興味を持って、今の手持ちの衣類についても見直しました。

そもそも外出の機会が少ない私は、お出掛け着を着る機会も少なく、あるけどほとんど着ていない。着る機会もないから、飽きるほどでもない。着ていないから、傷むほどでもない。

そして、着ないなら要らないか、といえば、着る機会があれば着る、着たい、という気持ちがあるので、捨てるに捨てられない。

それに、処分したら同じものはもう二度と手に入らない、と思うと、やっぱり捨てられない。

それでもだいぶ厳選して残した洋服たちですが「厳選」でありつつ「捨てられない」未練のクローゼットでもあるのです。


私自身、滞り感を感じていて、よくある作戦で、新しく買ってその分減らす、ということも考えましたが、なにしろ新しく買ったところでどうせ着る機会はない、と思うと、わざわざ買う気にもなれない。

だったら、今のもので間に合わせよう、と思ってしまうのです。

お洒落に無縁な者の残念な思考回路で、買えない、捨てられない、という堂々巡りをしています。


まあ、捨てられないと思うくらいに気に入っているものたちなので、着る続けることはやぶさかではありません。

それらを処分してまでも着たい、欲しい、と思うものがないということでもあるので、それはそれで、無理して買う必要はないんだと思います。


そうは言っても、この燻り感。

衣類の整理を考えるたびに、相変わらずの20着を眺めるのにも飽きた。

でも、実際に着るのはホントたまに、なので、その時の新鮮味はあるかも。

マンネリ打破のため、聖域に手をつけるか。

最近、捨ててやった!というスッキリ感がないのよね。

捨てたい、けど、捨てられない。

変に思い入れが強すぎて、扱いに困っています。

もういいや、と思えるようになっていないうちは、まだ捨て時ではないのかも、とも思うけど、思い切って処分することで未練を断ち切ることも必要かも、とも思う。


こういう悩みを楽しめない私は、やっぱりお洒落には向いてない人種なんだな。




冬の物欲

冬に必要なものをアレコレ妄想しながら、お買い物計画をしています。


私の冬に欠かせないのが、ダウンとUGGのアンスレー。

劣化が気になっていたダウンは今季買い替え準備済みで、アンスレーは去年新調したので、まだ大丈夫。

これがあれば、寒い冬もなんとかなる。


中身の洋服は、いつもの運動着に寒ければカシミヤのセーターを被ればいっか、という状態。

去年もそんな着た切り雀で押し切ってしまい、今年もそのままいってしまいそうなテンションです。


一応、お出掛け着は他にあるのですが、出不精な私はそちらの出番がほとんどなく、バリエーションもたくさんはいりません。

着ないので傷まず、まだ着られる、と思う服が十分あるため、そちらの洋服の買い足しもしばらくしていません。

冬にはセーター、と思いますが、実はコートを着てしまえば、中は薄着でちょうどいいくらい。室内も暖房が効いているし。

そのため、出番の少ないお出掛け着は、オールシーズン対応可能なものばかり。

季節感はありませんが、無駄なく、いつでも着慣れた服で快適だし、組み合わせも悩まなくて済むので、私にはちょうどいいです。


そんな感じで、あるもので〜という生活をしていると、新しく洋服を買う理由がなくなってしまいました。


この間も、時間が空いてZARAに立ち寄ったときに、薄手のニットカットソーが気になりました。

今時期、上着を羽織るまでの間に一枚で着られてちょうどいいかも。

とは思ったものの、その役割なら手持ちのカーディガンで充分賄える、と気づいたら、もう買えなくなってしまいました。

それから、流行りのフランネルチェックシャツも久しぶりに着たいなーと思ったのですが、それも手持ちのカーディガンと同じ役割。

じゃあ、あるものを着ないともったいないよね、ということで、見送りに。


普通だったら、シャツ、カーディガン、ニットで着回してちょうどいい、となるんだと思います。

お洒落に、役割とかいう概念を持ち込むこと自体が間違っているんだよな。


まあ、数日経って欲しい気持ちを忘れてしまうようなモノ、毎日の外出になくて困らないモノなら、買わなくて正解だったのかも。

代わり映えしなくても、手持ちのカーディガンは気に入っているものだし、まだまだ着られる。

そうこうしているうちに寒くなって、上着を着れば中身はなんでも一緒、状態になるんだし。

これ以上の冬の物欲は、妄想で誤魔化すことにします。



ベアフットドリームス

ちゃくちゃくと冬準備。

お気に入りのベアフットドリームスのガウンも新調です。



あったかくて柔らかモチモチの感触が気持ちよくって、もう何年も使っています。

家にいるときはほとんど羽織っているくらいだし、洗濯も毎回乾燥までしてしまうようなハードな使用状況では、一年くらいが入れ替えサイクルにちょうどいいみたい。

夏に処分して、秋にまた新品モフモフに出会う、というのが最高に幸せな瞬間。

嵩張るものだし、夏には見るのも暑苦しいし、無駄に保管しなくていいというのも気持ちのいいタイミング。

ただ今年は、エアコンの除湿運転を続けていると身体が冷えてしまうこともあって、そんなときには夏の間も重宝しました。

真夏にエアコンの効いた中、ベアフットを羽織る。

冬にこたつでアイス、みたいな贅沢?不経済?感です。


似たようなモノだと、カシウエアのガウンも人気みたいで、たぶんそっちのほうが長持ちしそうな感じはします。

それで私も迷ったりもしたけど、やっぱりベアフットの肌触りが好きなのと、シーズン毎に買い替えるというのもスッキリ気分がいいし、毎日使うことを考えたらコストパフォーマンスも決して悪くはない。

年一交換をマイルールにして、密かな愉しみにすることにしました。


さらに、100円ショップのモコモコくつ下を準備すれば、今年の冬も安心です。


毛玉発生

洗濯物を片付けていたら、Laniのスカートに異変を発見。

一部だけに、見事な毛玉が発生しています。

その地域およそ手のひらサイズ。

場所を確認し直して、原因にピンときました。

ちょうど左腰のあたりです。


昨日は、久しぶりにLaniのスカートをはいて、エルベのバッグを持って、外出をしました。

移動時間はトータルおよそ30分。

そんな短時間に、こんなにしっかり毛玉を作りあげるとは。

予想はしていましたが、エルベシャプリエ、恐るべし。


そもそもLaniのスカートの生地が、透けて見える程ペラペラで、決して丈夫とはいえないシロモノではありましたが、さすがに30分でこのありさまでは、さすがに凹みます。

去年、あんなに着倒したのに、エスカレーターに巻き込まれたりもしたのに、これほどまでの生地ダメージは受けなかった。

いや、ショックを通り越して、驚き!ですね。この感覚は。


せっかく、今年は出番が少なくまだまだ綺麗だから、来年まで持ち越そうかと考えていたのに。

すっかり気持ちは醒めて、ゴミ箱行き決定です。


それにしても、困ったなぁ。

意外にも、毛玉になりやすいユニクロのエアリズムパンツがひどい状態にはなっていなかったので、様子見の段階でしたが、たぶん時間の問題でしょうね。

こうなると、心配なのが買ったばかりのデュベティカダウンのウール生地。

もちろん、どちらも普段にガンガン使うつもりでいましたが、新品ダウンがこんなにあっさり毛玉になったらそれはもう、悲しすぎる。

バッグを買い直すか、間にストールなどを挟んで誤魔化すか。

いっそのこと、ビニールを被せてしまおうか。


エルベシャプリエも、他の手持ちタイプだったらこれほど困ったことにはならないんだろうと思います。

でも私は、ショルダーの方が使い勝手がいいのです。

しかも、そのショルダーにしても、肩ひも部分が細くて硬くて食い込んで痛い、とこちらもマイナスポイント。


前に使っていたルートートだと、気にならなかったのに。

やっぱりまた買い直そうかなぁ、と気持ちが揺らいでいます。