気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

クリムト展

楽しみにしていたクリムト展、行ってきました。

会期初めは混むだろうし、GWも混むだろうし、そろそろいいかな?と思って行きましたが、平日昼間も、やっぱり混んでいましたよ。

そしてこの気候のよい時季柄か、上野公園も相当な賑わいです。

修学旅行生みたいな団体さんもいました。


いわゆるクリムト、の独特の作品は、全体の割合からすると多くはない印象でした。

その中で、原寸大複製の壁画、というのが、それはもう、素晴らしく、複製にこんなに感動していいのかな、と思ってしまいました。


ベートーヴェン歓喜と、クリムト歓喜


それぞれの表現があり、そしてそれを受け取る人もそれぞれ。


・・・さて、私の歓喜の表現はどんなだろう。


そんなことを考えさせられた展示でした。







粗大ゴミ収集完了

予定通り、ミッション完了いたしました。

テレビ台状態も何気に気に入っていたのですが、このまま目が慣れてしまえば、また片付けるタイミングを逃してしまいます。
腰が落ちつく前に、電話!
 
すっかり解体して板状にしていたので、てっきり板何枚、の料金計算になるかと思いきや、元の本棚としての分類でよく、そうすると1000円程度ですむそうです。
なんと!
処理代1万円近くを覚悟していただけに、この喜びは大きいです。
 
そして、スッキリした窓辺。
カーテンも洗濯いたしました。
なんかいいことありますように。
 

ダブルフラーレンモイストUVミルク

少し前まではミニマル志向が強すぎて、化粧品も決まったものを最小限に、変わらず使い続けることに意義を感じていました。

でも最近は、加齢により肌も変わるし、化粧品も日々進化しているし、ということで、気になるものはとりあえず試してみることにしています。

新しく出会ってよかったものもあれば、話題であっても自分で実際使ってみて諦めがついたり、やっぱり元に戻ってみたり、と、流動的にいることに少しずつ慣れてきました。
前は、失敗が怖い、損したくない、という気持ちが無駄に強かったのかなーと思ったりしています。
 
今回使ってみてびっくりしたのが、ダブルフラーレンモイストUVミルク。
フラーレンのなにがいいのかもよくわからないし、近ごろはファンデーションを使っていて、そちらにSPF表示があるのでUVクリームをさらに追加する気もありませんでした。
でも、有名ブロガーさん(hitsucosさん  https://www.hitsugicosme.com/がすっごくいいと言われているし、これも経験、と思って試しに買ってみたのです。
 
使ったその日は、使用感に不満はないけど、仕上がりも変わらず、アラはアラのまま。
まあ、そうだよね。元の肌が問題だよね。と、少し期待ハズレな気分でいたのです。
が、どうでしょう。
夜、顔を洗って、あれ?
翌朝起きて、あれ、あれ?
なんか、肌が綺麗になってるーー??
 
肌負担が問題にされるUVクリームで、肌が改善されるなんて。
自分的には、なんかいいかも?というのを通り越して、びっくり!な感動がありました。
キメが粗く、毛穴の開きが目立つ肌なのですが、昨日よりマシになっているような気がします。
 
恐るべし、フラーレン
よく見たら、抗酸化成分のようですね。
そうか、私に必要なのは、酸化対策なのね、と再確認しました。
アブラモノ、好きだもんねー。よくないよねー。なんとなく、気付いていましたよ。
 
ダブルフラーレンモイストUVミルクは使用感もよいので、私は洗顔、美容液後、クリームなしでそのままいっても大丈夫でした。
最近は、夜もクリームを省略したりすることもある、肌断食派の私の場合です。
近所の外出には、ファンデーションを使いたくないので、シルクパウダーだけなのですが、今年の夏はフラーレンUVで、紫外線対策もできそうです。

 
 

そる腹筋

気になる情報を見つけました。

 
本を読んだわけではないので、正しいやり方かどうかはわかりませんが、「そる」だけなら、いつでもできて、とっても気軽。
試しにやってみたら、普段使っていない筋肉が伸びる気がして気持ちがいいし、さらに内臓も持ち上がった気がします。
私の感覚では、縮める腹筋は内側に効く感じで、そる腹筋だと、外側の筋肉が鍛えられる感じ。
内側も大事なのでしょうが、外側の筋肉がつくと、肉のはみ出しを抑えてくれそう。
天然のガードル、というやつですね。
もちろん、一回でぺたんこになるはずもないので今後の頑張り次第ですが、これならできそう、と期待しています。
 
 

ブロウ スタイラー

まゆ毛描きアイテムを変えて、約一年経ちました。

エレガンスのアイブロウスリムも使いやすく、不便はないのですが、どうも減りが早い気がする。


それまでずっと使っていたインウイのアイブロウライナーは、芯がなくなるのも本当にたまに。レフィルも三本入りだったし、前買ったのいつだっけ?っていうくらい、長持ちしていた印象です。

それが、エレガンスだとほぼ3ヶ月で使い切ってしまいます。

これが適正なのか、どうなのか。

まゆ毛もそれほど薄いわけでもないのに、濃く描きすぎなのかしら。

でも見た目自分では違和感ないし、そういう指摘を受けたこともないしなぁ。

そういえば、近ごろは太眉ブームだから、なんとなく私も、描く量が増えているのかもしれない、と思ったりもしました。


他のペンシルではどうなのか、とディオールのブロウ スタイラーも試してみました。

こちらの方が、しっかり色がつくので描く量も少ないかと思いきや、やっぱりこちらも3ヶ月で終了。

あの、インウイのコスパはなんだったのか。

私の記憶違いか、やっぱり描く量の変化か。

確かめようもないので、今後の基準はアイブロウは3ヶ月、でいくしかないようです。

まあ私の場合、コレ一本ですむことを考えたら、それほど高いわけでもないのかなーと思ったり。

アイブロウは必須かつ重要なので、いつ買えなくなるかわからない、 廉価版に定番を設定するのも不安です。


エレガンスのほうはレフィル売りがあり、ホルダーのほどよい重みに安心感があります。

ディオールは使い捨て、そしてとても軽いです。

付属のスクリューブラシは、ディオールのほうが大きく、エレガンスのほうは小ぶりで密集しています。


結局今後、どちらにするかというと、今の気分はディオール

ディオールのほうが、しっかり描けるので、まゆはしっかり派の私には、こちらのほうが合っている気がします。色は♯001のユニバーサルブラウン。

エレガンスはディオールに比べると薄付きな印象なので、どんな人にも加減がしやすいんじゃないかな、と思います。


まゆ毛描きはないと困るので、今後はローリングストック方式でいこうと思います。