読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

夏のインナー

ここ何年か、無印良品のカップ入りインナーがお気に入りです。

冬はセーターの中にキャミソール、夏はフレンチスリーブ、というサイクルでやってきて、今年もフレンチスリーブの補充をするつもりだったのですが、まさかの廃盤。

とてもショックです。


夏のインナーを再検討しなければならなくなりました。

今更ブラジャーなんて付ける気にならないし、ただでさえ暑いのに、締め付け重ね着はしたくない。

普通のTシャツタイプを試してみようかとも思いましたが、私は夏でも長袖派。

たぶんTシャツを着ていても、なにか羽織ることにはなりそうだから、袖があるのはかえって邪魔かもしれないなあ。

そうすると、残るはキャミソールタイプ。


今年の無印良品のインナーは、シルク入りっていうのがウリらしいです。

肌触りはよさそうだけど、ウチは乾燥機使用です。

それに耐えられるかどうか、という問題もあります。

じゃあ、ユニクロのエアリズムにするか。


ユニクロはホールドがしっかりするぶん締め付けもあるし、密着のせいか素材のせいか、綿より暑く感じます。

とりあえず、ユニクロのキャミソールはまだあるし、無印良品の次の良品週間が秋になるなら、それまで手持ちのインナーがもちそうにもないし。

割引価格のうちに、新しいキャミソールを試してみることにします。


カップの形が変わりましたが、着用感は変わらず快適です。シルク入りらしく肌触りは気持ちいいし、サラッとします。

一度洗濯乾燥したところでは、それほど酷い劣化はありませんでした。


もう一つ、無印良品には「カップ付き」というタイプもあります。これは成形カップが縫い付いているタイプ。

こちらは初期に試した時には、カップの上端が食い込むまではいかなくても、あたる感じで、私には合わないみたいだったので、今回も選考からは除外です。

カップの出し入れの手間がないのはいいんですけどね。


着ていてラクなのは、無印良品のカップ入りインナー。

ユニクロのほうが胸の形はキレイに作れる感じだけど、そのぶん締め付けの苦しさと背中の肉の段差と、皮膚の擦れ跡の色素沈着とかが気になるので、よそ行き用な感覚です。


そしてやっぱり、フレンチスリーブのカップ入りが復活して欲しいなー。

来年に期待です。