読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

予感する

好きなことだけして、自由に暮らしたいなんて、なんてふざけた言いぐさでしょう。

学校の先生には怒られそうです。先生じゃなくても、世の中の大人は怒るでしょうね。

そう思うので、私も公には言いません。

でも、密かにそう思って、密かに実現しています。

これが、思いが実現するということなのかと思います。

働かなければならないと思えば、働く道を選ぶ。

働かずに生きる道を選べば、働かなくても生きていける。

働かない、という表現には語弊があるかもしれません。世間一般の給料をもらう働き方のことですね。

野生の鳥が餓死しないのだから、人だって生きるに困ることはないはずだ、という聖書の教えを思い出します。

 

そうは言っても、お金を稼ぐために仕事に就くのが当たり前、という世界しか知らない人間にとって、それ以外を想像するのはとても難しい。

私もそうでした。

特別な人でなければ無理だと思っていたし、自分はそうなれないと思っていました。

でも、どうして私ではダメなのか?

そう思う理由は?

私がそうなれない根拠は?

 

100%否定できないということは、少なくとも可能性はあるということではないでしょうか。

ここから、思考の枠を外す作業です。

可能性があるかないかと問われれば、ある。

いつ、どうやって、という予定がなくても、可能性としてはある。

それだけわかれば、充分です。

そこから、なんとかなる、という予感が生まれるのです。