読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

在宅希望

珍しく、忙しくしています。

毎日予定があるなんて、半年ぶり?

ゆるい生活に慣れてしまっていたせいもあるかもしれませんが、出ずっぱりが3日も続くと、もうぐったりです。

 

もともと家でゆっくりするのが好きなほうですが、それだけではありません。

私がお勤めを辞めた理由のひとつには、犬のことがあります。

もう10歳になって、これから先もお留守番ばかりの人生で終わるなんてかわいそう。

せめて、そばにいたい、もう少し一緒にいる時間を作りたい、と思ったから。

だから、会社に規則のためだけに拘束される時間は本当に歯がゆくて。

早く終わらせて帰りたい、ということばかり考えていました。

 

会社に属して、契約によって拘束される時間が決まってしまえば、それ以外の外出の時間を減らすしかありません。

仕事が人生の中心にあれば、それで十分かもしれませんが、私にとって大切なものは、会社以外にありました。

会社に売る時間、自分の趣味に費やす時間、犬と過ごす時間。

それをどうやって分配するか。

それから、その時間は「今」必要だということ。

犬と一緒にいられる時間は、今しかありません。

いなくなってから、時間ができても遅いのです。

趣味にしても、身体を使うものは、今しかできないこともあります。

年を取って体が動かなくなってから、時間とお金だけがあってもどうにもならないもの。

だったら、いつかのためのお金や時間を「今」使うという選択もアリかもしれない。

そう考えたら、人生の今この時期に、会社に縛られることがとても無意味に思えてしまったのです。

 

私の今の生活のメインは、家にいること。

家にいるか外にいるか、犬を置いておく時間がどれくらいになるかっていうのが、予定を立てる時の判断基準になっています。

 

ま、犬にとっては、私がいてもいなくても、どっちでもいいかもしれませんけどね。