読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

財布の悩み

一年ほど前から検討している新しいお財布。

お財布の寿命は2.3年。

2月の寅の日に使い始める。

という迷信を信じている私のお財布は、そろそろ3年経ちますでしょうか。

 

現在のお財布は白。

汚れやすいし、前回新しくしようと思ったのですが、2月までに欲しいものを決められなかったので、今年の新調は見送りました。

欲しいものが見つかったり、壊れてしまったりしたら2月にこだわらずに、変えるつもりではいましたが、なんとなく、2月が縁起がいいらしいし、2月までにゆっくり考えればいいか、と思って、のんびりしすぎました。

 

本当は、春ごろから第一候補は決まっていたのですが、先送りをしているうちに熱が冷めてしまったのか、買うきっかけを失ってしまって、いざ、買おうとすると迷いが生まれてきてしまっています。

最近、こういうお買い物をしていないせいか、買っていいものかどうかの判断がつかなくなっている感じ。

お金の使い方が分からなくなっています。

 

お財布については使い始め時期だけではなくて、他にもいろいろこだわりがあります。

迷信的なモノじゃなくても、使い勝手とか、好みとか。

今のお財布は、エルメスベアンクラシック「タイプ」。

形が似ているもので、エルメス製ではありません。

そもそも、エルメスのベアン、しかも、札入れにマチのないタイプは、ほとんど手に入りません。

でも、この薄くて細長くてしっかり留まる形は本当に使いやすくて、ブランド品じゃなくてもお気に入りでした。

 

次の候補を考えた時に、似たような形だと、J&Mデヴィッドソンのタブ付き長札が有力だったのです。

ただ、これは内側の皮がヌメ革一択で、外の色とのコントラストが気になる。

他の形だと、それまではずっとラウンドジップを買い替えて使っていたので、それも考えましたが、そうするとちょっとサイズが大きく、重くなりそうなのが気になりました。

リザード革のオーダーというのも相談したのですが、ハンドメイドでかなり重くなりそうだったので、こちらも断念しました。

 

そうやって、アレコレ考えているうちにもう12月です。

さすがに白のお財布の先も見えてきているし、次こそは変えないと、と思ってはいるのですが、決め手に欠ける。

どうせ2.3年の付き合いだし、とも思いますが、その時の運気もお財布によるんじゃないか、と思ってしまうと、いい加減なものは持ちたくないし。

変なこだわりなのか、同じものをもう一度買う、という選択肢もないのです。

その時に、いちばんいいと思ったものを買う、というのが私の財布選びのミッション。

 

薄さにこだわって選別していましたが、最近はまた、少しくらいサイズアップしても、ラウンドジップもいいかな、とか思い始めたり、どうも気持ちが定まりません。

コレ欲しい!というひらめきさえあれば、多少の使い勝手はなんの問題もないのですがね。

考えすぎてしまって、勘も鈍ってしまったのかしら。

どうしようかな~というのが、最近の悩みです。