読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

秋の装い

季節はすっかり秋。

そろそろTシャツやカーディガン一枚では寂しく感じるようになり、家でも外でも、羽織モノが必須となりました。

家の中では、カシウエアのパーカーを着ています。

軽いし暖かいし、なのですが、生地にボリュームがあるので、腕まくりが難しい。

すぐに落ちてきてしまうので、水仕事などは脱いでしまったほうが安心です。

 

そして外では、今年買ったライダースジャケットの出番です。

体感温度としてはまだまだ早いと思うのですが、季節ものは早めに取り入れたほうがいいんですよね?

あるものは、たくさん着たほうが活用度も上がるはず。

もともと柔らかいレザーですが、たくさん着て、馴染んでくるのも楽しみです。

きつくもなく、重すぎることもなく、お気に入りになりました。

 

misaki40.hatenadiary.jp

 

 

秋の装いって、暑くもなく寒くもなく、一番楽しめる時期ですが、いつも言っているように、私は着飾って出掛ける用事がほとんどないので、いつもの運動着の繰り返しです。

運動場への行き帰りだけでも、気張って素敵なお洋服を着ればいいのでしょうが、脱ぐことが前提のものなので、とにかく着脱しやすいもの、しわにならないもの、が一番です。

そんなわけで、やっぱりワンピースに手が伸びる。

締め付けがないのも、大事なポイントです。

 

今は、夏に着たノースリーブのスウェットワンピースと、ウールリネンの薄手のニットワンピースの出番が多いです。

 

 

 f:id:misaki34:20150525104245j:plain

 

ワンシーズン着倒したLaniのロングスカートは、そろそろ処分しようかと思います。

今年はライダースを着ることにして、手放そうかと思ったGジャンですが、着られないこともないし、邪魔になるほどでもないし、無理して捨てることもないか、と思っています。

ミニマムな暮らしは、捨てることが目的ではないですからね。

捨てがひとまわりしたら、そういう余裕も持てるようになったみたいです。

 

あとはこの時期、本当は太い毛糸のざっくりニットアウターも欲しいなあ、と思っていたのですが、今のところあまり着る機会もなさそうなので、ちょっとお預けです。

せっかく物欲も落ち着いているので、手持ちのもので気温と相談しながら、過ごしていきたいと思います。