読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

アイスブレーカー

着るもの

楽しみにしていたアイスブレーカーが届きました!

 

 

メリノウールの通気性に優れた生地が特徴のメーカーです。

いわゆるアウトドアの、山登りとかする時に着用する肌着として、有名のようです。

私はアウトドアスポーツも山登りもしないし、アウトドアブランドにも興味がないのですが、その機能性を絶賛する声に惹かれて、運動着として入手しました。

暖かく蒸れにくい、という生地は、普段の肌着としても快適なのだそうです。

 

手に持つと、薄い、軽い。

ウールですから、若干、自然の匂いがします。

着るとほんのり暖かいです。

これは・・・9月と言えども残暑厳しいこの時期に、ちょっと失敗したと思いました。

でも、不思議と嫌じゃない。

軽くて通気性がいいので、暑苦しいものを着ている感覚がありません。

 

動いて、汗をかいたらどうなるかというのが興味があったのですが、そこはあまり綿と変わりなさそうです。

綿より暑くてすぐ汗をかくということもないし、汗で濡れれば特にグレーは色が変わってしまうし。

汗をかいても暑くない、ということもないし、もちろん、汗をかかないということもないし。

要するに、大きな変化は感じられませんでした。

 

やっぱり、寒い時こそ本領発揮するものなんじゃないのかあ。

薄くて軽くて暖かい、というのはとてもいいと思います。

たぶん、急な温度変化があるような状況だと、とっても優秀なんだろうな。

都会でも、外は寒くて建物の中は暖かくて汗ばんでしまう、とか、外は暑くても中は冷房で冷える、とか。

そういう温度変化の中での体温調整に優れているということなんじゃないかと思いました。

 

暑い季節に更に動いて暑い、というだけだと、あまり有難みは感じませんでした。

これからの季節に期待です。

形はキレイで気に入りました。

スウェット好きとしては、このまま自宅から出掛けてもいいくらいです。

 

あとは、耐久性ですね。

洗濯機で洗えますが、さすがにウールを乾燥機にかけるのは無謀でしょうから、今まですべて自動で乾燥までしていた私にとっては手間です。

その手間とお値段を考えたら、今までよりも長持ちするのは当然のような気もするし。

ウールなので、毛玉がどうなるかというのも気になります。

ヨレと色褪せと臭いの問題なく、いつまで着られるか、経過観察です。