読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

クレイシャンプー

全身洗えるシャンプーを夢見て、試してみたのはローズドマラケシュ。

 

ローズ ド マラケシュ クレイシャンプー[ノンシリコン] 200g

ローズ ド マラケシュ クレイシャンプー[ノンシリコン] 200g

 

ずいぶん前に、ジェルドアルガンのバームは使ったことがありました。

 

 

とってもいい香りで、しかも硬いので、全然減らなかった記憶があります。

肌断食とともに、使うこともなくなってしまっていましたが、その時にシャンプーの試供品をいただいたことがありました。

当時はクレイシャンプーなんて知識もなかったし、練り状のシャンプー剤の使い方もわからず、へー、と思っただけでした。

 

今回、再度お試しするにあたり、夏向きの爽やかな香りのヴェルヴェーンもあると知り、まずはそちらのシャンプーコンディショナーのミニセットをお願いしました。

 

 

使ってみると、ちゃんと泡立つし、きしまず絡まず、問題なさそうです。

ただ、クレイシャンプーなので、どうしても粘土の匂いもするような、しないような。

ヴェルヴェーンだとそれがちょっと気になったので、継続使用はローズのほうにしました。

こっちのほうが使用時はクレイの匂いと馴染んでいますが、でも翌日、ふとした時にクレイの匂いが香るかも。

これは、私の鼻が利きすぎるのと、鼻の記憶で匂ってしまっているのかな、という程度なので、他の人にはわからないと思います。

 

そして、お風呂場ミニマムが最終目標なので、できれば浴室持ち込みのコンディショナーは使わずにすませたい、何か使うとしても、アフターバストリートメントとして、オイルをなじませるくらいがいいなーと思って、コンディショナーではなく、アルガンオイルを使うことにしてみました。

 

 

自己流の使い方なので仕方がないですが、今のところ、やっぱりコンディショナーを使ったほうが髪の手触りはよさそうです。

少し髪が慣れて、妥協できる程度の仕上がりになればいいですけど。

あと、アルガンオイルももともと髪用ではないので、感動的な使用感はありませんでした。

これは、以前別の試供品でいただいた、マカダミアナッツオイルのほうがあっているかもしれません。

 

肝心の身体使用も今のところ問題なく。

泡立てずに塗るか、泡をしばらくのせておくか、など、使い方を工夫しているところです。