読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

ブラトップ比較

無印良品のモールドカップとユニクロのブラトップのキャミソールを比べた結果、ユニクロブラトップの着心地が気に入ったので、今後キャミソールはユニクロにしようと思っていました。

 
そうと決まればまとめ買い。
ユニクロブラトップキャミソールには、汗とり付きとナシがあります。
それを知らずに、前回買ったのは汗とりが付いたタイプでした。
中に折り込めば見えずに問題ないのですが、特に必要性も感じなかったので、今度は汗とりナシの通常バージョンを買いました。
 
タグを外して洗濯し、いざ着てみると、アレ?キツイ?
なんだか着け心地が違います。
サイズは一緒。
色が違うと素材が違う?
そんなことはないでしょう。
汗とり付きだと、脇ぐりにテーピングがないのかな?
いや、ちゃんと縁取りした中に汗とり生地が縫いついています。
折り込めば、アリもナシも見た目変わらず。
気のせいかーと思いながらしばらくしても、やっぱりキツイ。
 
もう一度ふたつを合わせてみると、脇縫いから前身ごろの上端までの長さが2センチ程違います。
ということは、脇のカーブの形が違うってことですね。
 
はー、これか。
汗とり付きは、脇に当たるように少し高めにデザインされているようです。
そうすると、私の脇肉もちょうど納まり、締め付けを感じなくてすむみたいです。
でも通常バージョンだと、肉に食い込む感じがキツく感じるし、ストップも肩に食い込む感じがします。
ああ、これは、昔感じたユニクロの着心地です。
たぶん、身体の厚みとか肩幅の広さにより、引っ張られる方向が人それぞれ違うんだと思います。
いわゆる丸太タイプかきしめんタイプか、みたいなことかな。
これは周囲だけでは測れないですもんね。
私は胸のボリュームはないけど、肩幅があるので、せめてサイズアップしたらもう少し着やすかったかも。
華奢なタイプ、なで肩な人とかにはフィットしそうです。
 
せっかくまとめ買いしたのに、失敗です。
タイプ違いのお試しを怠ったのが敗因ですね。
それにしても、同じキャミソールにしても、ちゃんとパターンが考えられているんですね。
 
もう洗濯もしてしまっていて返品交換もできないし、誰かもらってくれないかと思いましたが、サイズが合わないようで無理でした。
 
着られないことはないけど、食い込みが目立つぴったりした洋服の中には着られません。
家でリラックスするには、やっぱり無印良品のカップ入りインナーかな。
洗濯によりちょっと馴染んでくれるといいんですけど、乾燥機も使うし、かえって縮んだりして。
もう少し着てみて、汗とり付きタイプの買い変えも検討しつつ、様子を見ようと思います。