気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

捨てる

またスピリチュアルな本です。

大体こういう本は似たようなことが書いてあるのですが、今回、新たな発見がありました。

断捨離とも繋がっているようなお話です。 

 

宇宙を味方にしてお金に愛される法則

宇宙を味方にしてお金に愛される法則

 

 

この本の「捨てる」という章の中で『何かを手に入れるためには、その前にまず何かを捨てなければならない』とあります。

『気に入らないものがあるのであれば、それを手放してください。そうすれば、あなたの欲しいもののためのスペースができます。』

 

ちょうど他の本でも、恋愛もひとつ終わらせてから次に進むべき、とか、尊敬する人のインタビュー記事で、仕事もひとつ手放せば新たな仕事が舞い込んでくる、という話を見たところでした。

 

さらに衝撃的だったのは『不要なものを処分するときに、それを売却せずに、ただ手放すようにしてください』と続きます。

こんなことまで断言しているのは、初めてではないかしら。

『古い物を売ってしまえば、あなたが手にするのは、古くなった物に対するわずかなお金です。それを受け取ってしまえば、もう他に受け取るものはなくなり「空白の法則」の効力も消えます。』

 

これは、今ちょうど買取依頼をしようとしていたところだったので、びっくりしました。

『この考え方は、最初はピンとこないかもしれませんが、これは実際にそうなのでしっかりと守ってください』

と念を押されています。

そっかー。どうしよう・・・。

 

そして『この「空白の法則」は物質界だけでなく、メンタル(精神)界にも当てはまります。つまり、新しいアイデアを求めるなら、古いアイデア(考え・価値観)を捨てる必要があるということです。』というところまで、教えは広がります。

 

買い取りについては、またあとで悩むことにして、これでまた、捨てのモチベーションが上がります。

断捨離って、こういうことなのでしょうね。

 

 

広告を非表示にする