読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

サンダル迷い

靴は先日整理したので、ブーツからサンダルまで、現在11足。

シーズンのサンダルは処分の決断ができましたけど、秋冬物はまだどうなるかわからないので、保留中です。

 

そして、今更追加を迷っていたサンダル。

セリーヌのエスパドリーユサンダルを見てからずっと悩んでいましたが、でも今年はもう入手難しいし、似たようなのにしようか、来年買おうか、考えていました。

でも洋服を整理して自分の着たい服を決めると、エスパドリーユサンダルは合わないような気がしてきました。

ちょっと可愛らしくなっちゃうんじゃないかしら?

 

好きなブランドのコレクションを見ると、細ヒールのかっこいい感じのサンダルを履いています。

なるほど、こういうのを履けばいいのか、とその組み合わせお買い上げ、といきたいところですが、11cmヒール。しかもピン。

靴はいいものを、と心掛けていますが、どこに履いていける?と考えると、ウン万円はやり過ぎか。

同じブランドのデザインなら、テイストは間違いないはず。

でも履く機会がないものは、買ってはいけない。

そもそもこういうものはふかふかのカーペットの上で履くもので、庶民の生活には合わない代物だよな。

でもおしゃれをするならスニーカーだけじゃなくて、たまには頑張りも必要か。

などなど葛藤し、ふと我に返って、まずは似たようなもので試してみればいいんだ、ということに気が付きました。

 

似たような形で探しても、ほんのちょっとの違いで可愛くもなってしまうことを発見。

歩きやすいように、もうちょっとヒールが太くて、低くて、と思うと、全然印象が変わってしまいます。

デザインの世界って、奥が深いですね~。

今まで、肌に触れる素材は気にしていましたけど、こういう微妙なラインの差っていうのは気にしなかったなー。

というか、選べると思っていなかった。

こんなの、と思っていても、結局お店にないと買えないので、ちょっと違うと思っても妥協して買っていました。

むしろ、お店にあるもののほうが素人の私が望むものよりも、流行を取り入れた、よりよいデザインなんだろうと思ったりして。

こういう細部にこだわることが、おしゃれ魂なんでしょうね。

それにしても、インターネットは素晴らしい。

歩き回らずとも、サクサク選別が進みます。

 

あとは、シーズン終盤の今買うか、今年は我慢して来年にまわすか。

売り切れちゃってるし。

 

 

 

 

misaki40.hatenadiary.jp

misaki40.hatenadiary.jp