読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

スタイル模索

やっと、踏ん切りがつきました。

思い立ったが吉日。

iPhoneに撮り収めていた手持ち服のアルバムを見ながら、一日中考えました。

 

おしゃれには、自分のスタイルが大事。

明日着る服。着たい服。

 

自分のスタイルなんて分からない。

明日は着ないけど、秋になったら?

また、無難な洋服を着なきゃいけない環境になったら?

もしかして、と考え始めたら、キリがありません。

 

でも、また必要になったら買えばいい。

そのほうが、その時の時代に合った洋服を着られるし、新しく買う楽しみもできる。

環境に合わせた服は、その環境になってから必要な分だけ買えばいい。

なにも、自宅で待機させておく必要はないんだ。

そういう曖昧な可能性を残しておくことが、自分らしさを見失う原因なんじゃないか、とも思いました。

 

そして、自分の好きな服を決めたら、それ以外のスタイルは切り捨てることにする。

この「好きな服」というのも、しばらく考えたこともなかったので、戸惑います。

ここ何年も、他人の目を気にした選び方しかしてこなかったから。

じゃあ、明日出掛けるとしたら、どれにする?

そう言われると、見えてきました。

私が今、着たい服。

それと合わない服は、テイストが違う、ということですね。

同じブランドだと簡単ですが、それ以外だと、同じお店に置いてあってもおかしくないかどうか、と冷静になって考えます。

 

やっぱり、仕事用に残していた服はもう着ない。

昔の服も、いくらシンプルなものでも幼い印象になるのが分かります。

本当は、何十年も前のものを未だに着ている、ということに憧れがあります。

だから簡単に捨てたくない、という気持ちもあるのです。

なんだか不思議な感覚なんですが、モノを大事にしていることがいいのか、スタイルが変わらないということが羨ましいのか。

でもそれも、他人のスタイル。

私は私らしい方法で、自分のスタイルを作っていこうと思います。

 

10枚と2足。今までありがとう。

 

 f:id:misaki34:20160731095253j:plain

 

 

着かた、生きかた

着かた、生きかた