読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

おしゃれ弱者

ネットでお手頃価格の普段着候補を見つけましたが、やっぱり生地の厚さやサイズ感など、実物を見られないのは不安です。

闇雲に洋服を買っていた時にはあまり深く考えませんでしたが、必要十分、ということを思うと、ちゃんと着るものを買いたい。

それに、おしゃれな人が洋服はサイズ選びが重要と言っていましたから、なるべく試着して選ぶようにしたいと思っています。

 

着かた、生きかた

着かた、生きかた

 

 

そう思って用事のついでにショッピングモールに寄ってみましたが、どこまでも連なるお店に気が遠くなりそうです。

好きなお店、決まったテイストがあればもっと効率的にみられるのでしょうが、そこがまだブレブレな私は、一応ひと通り見てみないと、と思ってしまうんですよね。

そういうところが、ファッション音痴の弱点かしら。

他にもいろいろ気が付いたことがありました。

 

まず、いろいろ見てみたい、という悪癖。

アレもよさそうコレもよさそう、といろんなスタイルに手を出すから、自宅のクローゼットが寄せ集めになって、収集つかなくなるのかも。

まず、自分の方向性を決めることが必要なのかもしれません。

 

それから、お店にはたくさんの服があります。

なんだかその状態に麻痺してしまって、自宅でもアレもコレも揃えなきゃいけないような気分になっているような感じがします。

お店が自分のクローゼットだったら、今日はこれ、明日はこれ、と着せ替えて楽しむのでしょうが、そうではありません。

この中から、本当に自分が着たいと思うものだけを選び取るという感覚を持たないといけないんですね。

あったら着る、じゃなくて、明日着たい服。明日着られる服。

私の間違った買い物は、大体ここが問題ですね。

 

そして実際に着ることを考えたら、明日着る服は本当に数着で十分なんじゃないかと思いました。

お店を見て回ると、おしゃれな服がたくさん並んでいる。

そんな中、くたびれた数年前の服を着て歩くのは、さすがの私も気恥ずかしい。

だったら今着る服を数着用意して、飽きるほど着て、着古して、どんどん入れ替えていくのはとても合理的なんじゃないかと思いました。

そして、それはとても自由。

過去にとらわれずに、今着たいものを着ることができるから。

今の私は、お気に入りという気持ちに固執しすぎて、かつてお気に入りだった、というものまで抱え込んでいる状態のようにも感じます。

 

洋服も、この機会にリセットできるかしら。

また少し、整理しようと思います。