読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

松の力

ミニマリスト御用達の、マジックソープ。

石鹸成分で安心?のうえ、多用途に使える万能ソープとして有名です。

私もいい匂いとオシャレなボトル、洗剤これ一本、というのに憧れて使用しましたが、どうも私の手湿疹によくないようで、断念。

それでもまだあきらめきれない、これ一本、という夢のため、その後もいろいろ試していました。

 

ふと、ネットで見かけた成分安心っぽい液体洗剤も、お試ししてみることにしました。

いわゆる万能洗剤と言われるもののようですが、そう言ったって専用に作られた洗剤のほうが用途に適しているのは体験済です。

手軽さを求めると刺激が強いし、ほどほどにすると効果が不安。

あまり期待せず、ハンドソープ用として泡で出てくる容器に希釈して使用してみました。

とりあえず、湿疹の悪化は無いようで、一安心。

手が大丈夫なら、顔も体も大丈夫なはず。

泡切れがよく、さっぱり洗えるのに低刺激な感じで、使用感はよさそうです。

 

ここで改めて説明書きを見てみると、元は洗濯洗剤なの?

洗濯、住居用が兼用できる洗剤は今までもありましたけど、人体に使ってもいいと明記されているものは初めてかも。

それに、シャンプーもリンス不要と書いてある。

まさかあ。

きっと、他の液体せっけんみたく絡まって、石鹸カスがつくから中和しないと、とか結局面倒なんでしょう。

そう思って試しにシャンプーしてみたら、なんと、流すときから指が通る~。

乾かしてもさらさら。

これはもしかして、石鹸じゃないの!?

そこで初めて成分を見ると、品名は「多用途濃縮複合石けん」

成分は「松の樹液から抽出」と書いてあります。

これは、普通の石鹸成分とは違うのか。

よくわかりませんが、使用感はまったく違います。

さらに衝撃的だったのは、原液派、薄め派、希釈はお好みで、という表現。

大体こういうものは、刺激が強いから薄めてくださいっていうのがお決まりだと思うのですが、原液でも人体に問題ないってことですよね。それだけ安心ってことですよね。

びっくりです。

 

ただ、シャンプーとして使用するには泡立ちが物足りないとは感じます。

浴室洗いに使用するときにも、泡で出てくる容器で使用するとたくさんプッシュしてしまうので減りが早い、詰め替え頻度が増える、という懸念はあります。

そしてパッケージが独特なので、詰め替えは必須です。

それにしても、不思議な液体せっけん。

 

もしかして、諦めていた食器洗い洗剤の兼用もイケるのかしら。

夢が広がります。

 

 

 

広告を非表示にする