読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

洗剤迷い

合理主義というか、面倒嫌いというか。

これひとつ!

オールインワン!

というものに惹かれます。

 

世の中にはたくさんのものがあって、選択肢は星の数。

あれもこれもと選ぶ楽しみがある、というのも素晴らしいと思うのですが、選ぶのが面倒という人たちもいると思うんですよね。

私みたいに。

 

でも、選ぶのは面倒くさいけど、もっと他にいいものがあるんじゃないかという浮気心はしっかり持ってて、満足もしていない。

選ぶのが面倒っていうより、失敗したら嫌という恐怖かしら。

それから、なるべく失敗せずに最適なものに出会いたいという意味でのメンドくさがり。

 

洗剤については、よそのお宅よりは断然少ないとは思うのですが、やっぱりこれ一本!というのに憧れて、右往左往しています。

 

多分液体せっけんだといろいろ使い回しが効くんでしょうね。

ただその使い勝手に私が慣れないだけで。

いつもその堂々巡りなのですが、手間を惜しまず使い回すか、使い勝手を優先するか。

 

食器用洗剤と、洗濯洗剤は諦めて専用のものを使うことにしました。

あと、オキシクリーンと水ピカも常備しています。

 

今悩んでいるのは、お風呂と洗面廻り。

この場所こそ液体せっけん一本でいきたいところなのですが、イマイチ納得のいく液体せっけんに出会えません。

ハンドソープ、風呂掃除、ボディソープ、今後シャンプー復活の場合には、シャンプーも。

 

現在液体せっけん一本でいろいろ試してみたのですが、ハンドソープや身体はいいとして、もし髪にも使うなら、クエン酸リンスが必要になるかも。

そして風呂掃除にするには、泡が柔らか過ぎて使いにくい。

 

それまでお風呂場で使っていたのは、固形せっけん。

身体もお風呂もこれで洗えました。

でも洗面台には泡で出てくるハンドソープが便利。

両方置いておいてもさほど違いはないですが、できるものなら兼用したい。

そうすれば、浴室にはその都度持って入るので衛生的にも気分がいいし、ストック管理も楽になります。

 

もしくは、シャンプーを復活してシャンプーでお風呂掃除をするという案も。

そうすれば、液体せっけんで手も身体もすませられそうです。

 

そこでまた気になるのが、液体せっけんが私の手湿疹によくなさそうな気配なのです。

いくつか試してみましたが、痒くなったりカサカサしたり。

これは、液体せっけん自体が私に合わないということなのか。

だとしたら、もう全てを固形せっけんで賄うか。

そうなったら、せっけん置きにこだわって使いやすくする方法もあるかも。

 

なんてまた、どうでもいい悩みに明け暮れています。

よし、やってみよう♪という心持ちがあればいいのですが、失敗恐怖症か面倒くさがりか、どうも億劫に感じてしまうのですね。

 

こだわりすぎると不自由になる、という話もありますし、あるもので工夫するのがミニマリストの真髄とも思います。

それよりまず、自分自身がもっと好奇心を持って、新しい経験にワクワクできるようになりたいものです。

 

 

ねば塾 白雪の詩

ねば塾 白雪の詩

 

 

 

misaki40.hatenadiary.jp