読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

勤労所得

収入には、勤労所得と不労所得とがあるといいます。

 

私は、当たり前のように就職をして、お給料をもらって生活をするのが普通だと思っていました。

これは、勤労所得というのですね。

 

ふと思ったのが、会社員として働くと、1日8時間、つまり1日の三分の一は拘束されています。

日当1万円とすると、1日の三分の一の価値が1万円?

そうすると、私の1日の価値は3万円?

人生の貴重な1日が3万円の価値。

よくわかない論理ですが、全くのデタラメでもないような。

 

私にとってはプライスレスな人生の1日でも、世の中的、経済活動の価値としてはそんなもの、ということですよね。

 

月の生活費が15万円とすると、1日の経費は5000円。

月給20万円だと、1日当たりは6600円。

多分収入が増えても支出も比例して増えていくでしょうから、比率にしたらこんなもの?

 

なんだかよくわからなくなってきましたが、会社員生活は割が合わないなぁ、と思います。

拘束時間が長いし、給料はそう簡単には上がらないし。

楽して稼げるとはいえ、とりあえず言われた通りに座ってないといけないし。

数千円と引き換えに、自由を奪われる屈辱感。

会社員という身分で優遇されることもあるでしょうが、給料のため、と思って頑張れるほど魅力はないですね。

 

生きて行くにはお金がかかるので、給料がありがたいのは真実だと思います。

でも、そのために会社員でいることが必須かというと、そうではないのかも。

 

やっぱり、お金のために仕事を続けるというのはモチベーションにはならないですね。

仕事が好きで働く、ということでなければ、会社に居続ける理由にはならなさそうです。

逆に言えば、好きでやっている仕事だったら1日5000円だろうと3万円だろうと、続けていくんだろうな、と思います。

 

 

f:id:misaki34:20150902213005j:plain