読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

洋服見直し

新しく買う時には、何かを手放す、という考え方があるようです。

確かに、そうすれば数は増えないかも。

でも、数を一定にすることが目的ではないので、私にはあまりしっくりこないかなあ。

必要があれば持つ。なければ手放す。

そんなシンプルな感覚でやっています。

その判断が難しいから、限度数を決めて強制的にミニマムを保とうとするルールなのかな。

 

確かに、今あるものの要不要の判断は難しい。

特に洋服は、毎日使っているかどうか、だけでは判断難しいですよね。

季節もあるし、TPOもあるし。

また手に入るかどうかもわからないものだから、洋服や靴の判断はとても迷います。

最近着ていないけど・・・と迷うものがあったら、私はそのまま置いておきます。

時期が来れば気持ちの整理がついて、もういいや、ありがとう、と思えるようになります。

それまで、置いておくことにしています。

 

今回も、ようやく決心がついたものを手放すことにしました。

年齢的に厳しいようなものは、ようやく諦めがついた、というか。

あと、無難だしあれば着るかも、というものは、置いておかなくてもまた欲しくなったら似たようなものを買えばいいか、と思えたということもあります。

 

それから最近特に思うのは、年齢が上がってくると、似合う似合わないという部分がとても大切なのかも、ということ。

若いときにはいろんなスタイルの洋服を着られていても、最近は、タイプの違うスタイルは違和感を感じるようになってきたように思います。

これは、加齢からくる固定観念とか頑固さみたいなものなのかな。

だったら嫌だな、と思って、今までスタイルを決めずにチャレンジしてきた部分もありました。

でも今改めて着てみると、似合っていないというのがありありと見えてきます。

 

女性らしいシルエットのものは、昔は「お洋服可愛いいね」と言ってもらえたものが、たぶん今は「(触れずにおこう・・・)」みたいな気まずい雰囲気になりそうな。

好みが変わった、というだけではない、何か。

寂しくもあり、でも自分に必要ものがわかった、もう迷わなくて済む、と思えば、喜ばしいことなのかもしれません。

 

 

 

misaki40.hatenadiary.jp

misaki40.hatenadiary.jp

 

 f:id:misaki34:20160408124816j:plain