読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

自己開示

普段からひとりで生活し、ひとりでなんでも完結しているので、あまり人に頼る、ということがありません。

ひとりで寂しいとか、誰かに話を聞いてもらいたいとか、そういうことがないのです。

人と関わることの、煩わしさ、のほうが先に立ってしまうようです。

 

誰でも自分に興味を持ってもらいたいし話を聞いてもらいたい、とはよく言いますが、私の場合はどうなんだろう。

たぶん人として、そういう欲求はあるはずです。

でも、ちょっと話を聞いてもらう、ちょっと褒められる、それくらいのことでは満足できないのではないかしら。

私に関わるなら、全部正しく理解してほしいし、そのうえで、正しく評価してほしい。

もちろんそんなことは無理ですが、それくらい「ねえ聞いて聞いて」という人たちよりも、かえって欲求の度合いが高いような気がするのです。

だから、ちょっとやそっと世間話をしたくらいで私のことを「こうだった」とは言ってほしくないし、だったら初めから話したくない。

0か100か。そんな極端な感覚があるようです。

 

人と何度か話をしていると、どんどん立ち入った話にエスカレートしていくような気がします。

私はそれが嫌なので、友人関係もある程度のところでフェードアウトしてしまうし、継続的に会わなければならない人とも、距離をおいて付き合っています。

 

他人に興味がないというのはその通りで、他人のことに親身にならないぶん、気楽に話を聞き流せます。

話して満足する人にとっては、ちょうどいいような気がしますし、私も自分のことを話すより、どうでもいい他人の話を聞いているほうが気がラクです。

 

信頼できる人がひとりいれば充分。

それから、自分に安心感があれば、誰に頼らなくても自分で完結していけると思うんですよね。

友達がいなくて可哀想、と思われているのかな、とは思いますが、自分が嫌な付き合いをわざわざする必要はないような。

でも、人としての成長のためには、そういうお付き合いも必要なのかな、と思ったり。

 

自己開示。

どこまで必要なものなんでしょう。

 

 

f:id:misaki34:20160408084031j:plain