読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

黒パンツ

仕事用にしている黒パンツ。

すべてウエストゴム、または紐で、ゆるゆるラクチン。

テーパードという、いわゆる「モンペ」型のものは、ダサいし短足に見えるし、で初めは心配しましたが、慣れると平気でした。

楽はしつつだらしなく見えないように、あと「モンペ」じゃなくちゃんと今時のテーパードパンツに見えるように、ちゃんとしたブランドのものを買ったのがよかったんだと思います。

 

シルクテーパード

キュプラテーパード

ウールジャージーワイド

レーヨンストレート

ポリエステルストレート

 

黒パンツは全部で5枚です。

上から、使用頻度が高い順。

とは言ってもパンツが5本に他にスカートもあるので、実質週1回も履いていないことになり、それほど酷使していないことがわかりました。

 

レーヨンのは、なくてもいいかもと思いながら、スペアに置いてある感じ。たまに気分転換に履きます。

ポリエステルのは20年前のもので、今の私にとってはタイトフィットなので、履くのに緊張してしまうパンツです。履き慣れてしまえば、気にならないんでしょうけどね。

これもブランドもので、生地もシルエットもちゃんとしているので、今でも履けます。ただ、自分の体形変化が問題です。昔はゆるゆるだったのにな~。

 

さらにもう一つ夏のワイドパンツがあります。

何年も履いていた黒のポリエステルからの買い替えで、昨年H&Mで買ったもの。

これが失敗で・・・。

まずお店で見つけて、入り口まで出て自然光で「黒」と確認したにも関わらず、手持ちの黒い洋服と合わせたら実は濃紺だったという、悲しい思い出のモノです。

去年は紺パンツばかりで、やっと黒を見つけたと思ったのに、残念。

それから、夏前の蒸し暑い日に履いたら、すっごく蒸れて暑かったんです。たぶん、このパンツのせいだと思うのですが・・・。

形的に空間があるので風通しはいいですが、素材としては涼しいとは言えないのかな、と思ったり。

お手頃だし、と、とりあえずに買ったものでもあったので、他にいいものがあったら買い替えようとは思っていました。

 

それが最近、去年出会えなかった黒のリネンパンツを見つけて、悩んでいるところです。

紺パンツもまだまだ履けるのにもったいないし、かといって所持したまま増やすのも嫌だし、でも紺色が私の好みではないし、素材もリネンのほうがよさそうだし。

 

黒のリネンパンツもちゃんと試着して、色も確認して、紺パンツを手放す覚悟ができたら、買おう。

そして、スペアの黒パンツもなくてもいいかどうかもう一度考えて、年代物の黒パンツはおなかを引っ込めて、ちゃんと履くようにしよう。

 

黒パンツは着用頻度が高いので、傷んだら困るからもう一つ持っておこうか、どうせ履くから、と安易に増やしてしまいがちでした。

今あるものを破れるまで履くつもりで履いて、寿命が来たら、その時にまた必要なモノを買うようにしようと思います。