読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

時間を知れ

仕事に関する助言というと、計画から始めなさいというものが多い。

まことにもっともらしい。問題はそれではうまくいかないことにある。

計画は紙の上に残り、やるつもりで終わる。

 

私の観察によれば、成果をあげる者は仕事からスタートしない。

時間からスタートする。計画からもスタートしない。

時間が何にとられているかを明らかにすることからスタートする。

次に時間を管理すべく、時間に対する非生産的な要求を退ける。

そして最後にそうしてえられた自由になる時間を大きくまとめる。

したがって、時間を記録する、整理する、まとめるの三段階にわたるプロセスが、成果をあげるための時間管理の基本となる。

 

成果をあげる者は、時間が制約要因であることを知っている。

あらゆるプロセスにおいて、成果の限界を規定するものは最も欠乏した資源である。

それが時間である。

 

時間は、借りたり、雇ったり、買ったりできない。供給は硬直的である。

需要が大きくとも供給は増加しない。価格もない。限界効用曲線もない。

簡単に消滅する。蓄積もできない。永久に過ぎ去り決して戻らない。

 

ピーター・ドラッカー『経営者の条件』

 

 

 

ドラッカー名著集1 経営者の条件

ドラッカー名著集1 経営者の条件