読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

サンダル

すっごい悩みました。

三日三晩、ずーっと考え続けました。

セリーヌのエスパドリーユサンダル。

 

f:id:misaki34:20160322233718j:plain

 

これ、何年も前から人気なんですね。

おしゃれ有名人が履いているとか、ファッション誌などを見ない私は今回初めて知りました。

 

先日ネットで見つけた写真で、いいなーと思っていて、街にいるときにふと思い出して、うっかりお店に寄ってしまったんです。

そしたらなんと現物があり、サイズもあってお試しさせてもらいました。

そうしたらもう、一気にヒートアップ!

 

履き心地もいいし、サイズもぴったり。

でも近頃お買い物は一晩考えるルールにしているので、ひとまず退散。

さあ、ここからが物欲との闘いです。

 

その日はお風呂の中で、ひたすら手持ちの洋服との組み合わせを考えます。

欲しいなー、あったらいいなー。

人気商品ですから、一晩おいて出直して、売れてしまっていることもあります。

その時は縁がなかったと思って諦めます。

次の日はお金の計算。

でも予算なんて決めてないので、欲しいとなったら買うのみです。

洋服を見直したり、靴を磨いてみたりしても、物欲は募るばかり。

もう気持ちは欲しい、欲しい、となっています。

 

このサンダルがあれば、今あるサンダルはなくしていいし、履きにくい太ヒールオープントゥもなくていいし、フラットシューズもふたつともなくして、スニーカーだけにしてもいい!

そこまで思いましたが、イマイチ踏ん切りがつきません。

明日お店に出向いてあったら買う!という賭けに出ようか。

コレ、私が清水買いするときの常套手段。

ネットで見ただけのモノが、たまたま近くを通りかかり、しかもぴったりサイズがあったなんて、もうそれだけで運命じゃない!?そして私のために待っていたとしたら、もう買うべきよ、と思っちゃったりするわけです。

 

でも、どうしても気になるのが「サンダルを本当に履くの?」という疑問。

サンダルだったら、コレ!!というのは間違いないのですが、そもそも今の私にサンダルが必要か、と言われたら・・・。

 

休みの日はほぼスニーカーなので、履くのは仕事のときくらい。

会社にエスパドリーユサンダルで行く、というのは、なんだか違和感を感じます。

履いてる人もいますけどね。

サンダルはリゾートとか、楽しいときに履きたいじゃない、と思うのです。

でも楽しい外出なんて、夏に数回あるかないか・・・それでは、履く機会がない!

というので、ずーっと葛藤していました。

 

4日経って、ようやく冷静に考えられるようになってきて、「サンダルは必要ないでしょ」という理性の声もちゃんと聞こえるようになりました。

 

はあー。

残念ですけど、今回は見送ります。

着るもの選びも、真剣に考えるととても大変ですね。

おしゃれな人は、こういうことがすぐできて、しかも楽しいんだろうなあ。

でも、私もこういうことを繰り返していけば、自分に合うものを素早く判断できるようになるかも。

よい勉強になりましたね。

次に活かそう。