読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

おうちクリーニング

家の掃除ではなくて、おうちでする衣類の洗濯のことです。

私はあまり、街のクリーニング屋さんというのを利用しません。

クリーニングするほど衣類が傷むということを聞いたことがあるのと、目に見えての効果がわかりにくいから。

衣替えの時に、なんとなく習慣でクリーニング屋さんに持ち込む気持ちもわからなくはないですが、気休めのような気もするのです。

私の勉強不足でもありますが、クリーニング屋さんでやってくれる石油系のドライクリーニングの仕組みというか効果というか、イマイチよくわからないんですよね。

もちろん、以前洗濯不可のスカートに油染みを作ってしまったときなど、プロの技に頼りたい時はあります。

でも、なんでもかんでもむやみやたらにお願いするには金額も張りますし、よくよく考えてにしたいと思っています。

 

で、今回は仕事着の黒パンツ。

シルクやキュプラ、レーヨンで、ドライクリーニング推奨のものです。

ただ普段クリーニング屋さんを利用しないので、どちらにお願いしたらいいかわかりません。

お店によって上手下手があると聞きますが、その判断ができません。

迷った結果、結局うちで洗ってしまうことにしました。

しかもドラム式洗濯機の「おうちクリーニング」コースで。

洗剤もいつものニュービーズです。

 

もうただの賭けですが、もしダメになったら、新しいものを買う口実もできますし。

クリーニングで傷むとかいうことを気にする人のすることとは思えませんが、とりあえず何とかなったみたいです。

 

私の場合、簡単にクリーニングに出して風合いが変わってしまうくらいなら、汚れが気になるくらいまで着続けたほうがいいと思うし、結局そんなころには飽きたり似合わなくなってしまっていると思うんですよね。

潔癖な方には信じられないと思いますが、頻繁に着ないものは、何年も一度も洗っていない洋服もあります。

でもそんなものも、年数が経った劣化より、好みやTPOの関係で着られなくなってしまったりしますしね。

何年も着ていないセーターをどうしようか迷っていた時、虫食い穴を見つけてようやく手放せたこともあります。

 

基本、うち洗い。

傷む頃が入れ替え頃。

 

そんな感覚でやっています。

 

 

f:id:misaki34:20160325144600j:plain