読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

お金は友達

世の中で暮らしていくのに、お金は必要。

全くないと不便だと思うし、やっぱりたくさんあったほうがいいのかな、と思います。

お金をもらおうと思ったら、手っ取り早いのが雇われること。

時間給の仕事だと割とすぐ仕事に就けて、初日からちゃんとお金を払ってくれます。

そこからもっと稼ごうと思うと、経験を積んだりスキルアップしたり少しずつ工夫を重ねていく。

お金をもらうためには、そうすることが普通だと思っていました。

それ以外の方法を知らなかったんですね。

でも結局、雇われの身だと雇い主との関係でしかお給料はもらえません。

 

より多くお金をもらうためには、会社に貢献すること。

そのために、仕事術とか効率化とか組織員としての立場とか、そういうジャンルの本を読んだり、同僚と話をしたり、意識は会社に向かっていました。

 

そうやって過ごす中で、いつも感じていた違和感。

お金を目的に会社に属していると、雇われている、という感覚が拭えません。

会社を通じて社会に貢献していると自信を持って言えるのか。

ものすごく引っかかります。

 

お金のために、というと、よくお金の奴隷という表現がされますね。

そして、お金の主人にならなければいけないと言われます。

 

雇われの身の私としては、お金も人に使われている、と思うのは気分がよくないんじゃないのかな、と思いました。

そこで気がついたのが、お金に助けてもらう、という感覚。

何をするにも、お金がないと不自由な世の中です。

だから、お金に助けてもらって、自分も楽しく生きていきたい。

奴隷でも主人でもなく、そんな関係性がいいのかな、と思いました。

 

 

 

misaki40.hatenadiary.jp

 

 

misaki40.hatenadiary.jp