気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

タオル

シンプル生活を目指して、一番に気になったのはタオル。

タオルにこだわることで、生活の質がレベルアップするような気がしていました。

ちょうど同じ時期に、内祝いに今治タオルをいただき、そのふわふわに感動!

気持ちいいシンプル生活には、一流の今治タオルね!と思って調べると、今治タオルといっても、複数メーカーがあるんですね。

それぞれにブランドがあって、使い心地も様々なようです。

調べれば調べるほど、どれがいいのかわからなくなってしまいました。

 

結局、どれもモノはよいことには変わりなくても、使う人のライフスタイルに合ったものでなければ意味がない、ということに思い当たりました。

どんな場面で何のために使い、どうやって扱うか。

お高い有名タオルといえども、タオルはタオル。消耗品です。

そして使い心地も人それぞれでしょうから、自分の好みに合うかどうかが大事ですよね。

 

というわけで、タオル選手権を行いました。

気になるタオルを買い集め、ローテーションで使用。

一年経過し、いい加減使い古して、当初のタオル熱もすっかり冷めきった今日この頃です。

 

感想としては、やっぱりタオルはタオル。消耗品です。

我が家の洗濯事情でドラム式洗濯機使用ということも影響あるかと思います。

洗濯だけではパイルが寝てしまうし、乾燥までかければ劣化は早まるし、で一年使用はキビシイですね。

薄くて軽いタオルほど、劣化は早いです。

そして、私の好みは肉厚タイプと判明しました。

 

「今治生まれの白いタオル」

今治生まれの白いタオル フェイスタオル FT OW

今治生まれの白いタオル フェイスタオル FT OW

 

 

使った中では、これが一番長ーくもっちりしていました。

最初の使用感が持続します。

派手さはなくても、地味によい仕事をしてくれます。

 

「オリム」

 

今治タオルの衝撃を感じたタオル。

ただ、柔らかいふっかり感は目の緩さもあると思うので、その分お手入れが難しい。

たぶん、ドラム式や乾燥機との相性はよくないと思う。

 

 

時間もお金も掛けたタオル探しの旅。

結論としては、やっぱりタオルはタオル。消耗品です。

意外と、今治前に使用していたヨーカドーのエジプト超長綿のタオルが値段の割に長持ちでよかったかなーと思ったり。

ドラム式洗濯機で乾燥まですることを考えたら、お手頃価格のものでサイクルを短くしたほうが快適かも、と思っています。

 

少しずつ雑巾にしながら入れ替えようと思っていますが、なかなか雑巾がけの機会がなく・・・。

入れ替え停滞気味です。

大掃除しなきゃ。

 

 

 

広告を非表示にする