読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

頑張り方

しごと

仕事の時間のかかる人、要領の悪い人って、なんでも自分で抱え込みたい人が多いように思います。

 

ひととおり全部把握しておきたいとか、

自分だけのルールでも、ひとつ残らずきちっと揃えておきたいとか。

要するに、目指すところからすると無意味と思われることにまで、神経を使い、手間をかけ、時間を使う。

 

かくいう私は、とにかく手抜き大好き。

最低ラインにまで達していれば、それでよし。

丁寧とは言えませんが、それでなんとかなっているんだから、十分でしょってなもんです。

 

どっちがいいかというと、どっちも行き過ぎはダメで、適度に丁寧に、適度に手を抜いてっていうのがいいんでしょうね。

 

ずぼら派の私から見ると、そんなことまであなたが悩まなくていいんじゃないの、ということまで、いつまでもうんうん唸っていますね。

でもそれって、ある意味高慢なことだと思うのです。

 

なんでも自分で把握できると思っているから、なんでも管理したくなる。

自分でも悩めば答えが出せると思っているから、悩んで答えを出そうとする。

 

私は、自分にできることは限られていると思うから、できないことにまで手を出さない。自分の能力を過信しない。

自分が考えたところで、相手の気持ちまではわからない。だったら、相手に判断をゆだねればいい。

そう思うと、なんでも手放せるものです。

 

すべてを管理しようとすると、人のやることなすこと気になります。

そして口が出て手が出る。

結果、やらなくていいはずのことまで背負い込み、時間ばかりかかって、悪循環。

一番よくないのは、それを自分が頑張っていると思い込むことですね。

 

頑張っているのに結果が出ない人っていうのは、そこかな、と思います。

 

f:id:misaki34:20151106112516j:plain