気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

眼鏡

目が悪くなったのは、中学に入ったころ。

たぶん、本の読みすぎなんですよね。

当時は子供らしい無知で、眼鏡ってかっこいい!なんて思っていましたが、今では不便も通り越して、目はよく見えないものだと認識するようになってしまいました。

 

f:id:misaki34:20151025072455j:plain

 

外出時はコンタクトですが、それ以外は眼鏡です。

コンタクトは高校生からと割と早くて、はじめからハードタイプ利用でした。

この眼鏡はもう10年くらいになるかしら。

この一本のみ。

コンタクトや眼鏡がないと生活できないくせに、スペアなし。

ブルーライト対応レンズができるずっと前、JINSができたばかりのころでしたでしょうか。

視力が変わっていないというのも驚きですね。

もう悪くなりようがないところまで悪い、ということもあるでしょうが、ただの近眼みたいで、これだけでかなり視力が出ます。

 

たぶん、レンズの金額はケチって、そのままの厚いレンズが入っていると思います。

重いので、鼻の付け根が痛くなります。

プラスチックのふちだと、少々手荒く扱ってもびくともしないところがお気に入りです。

 

眼鏡は数千円で十何年も使えてかなりお得ですが、コンタクトは衛生面もあるので毎年買い替え、洗浄液などのメンテナンス費もかかります。

もちろん手間も、通院費も、グッズの置き場所、ストック管理も目が悪いばっかりに、普通の人より面倒が増えるわけです。

いっそのこと、レーシック手術も考えなくはないですが・・・。

うまくいく保証もないので、躊躇しています。

 

毎日のお弁当作りは、寝ぼけているうえになぜが眼鏡なしで取り掛かる私。

眼鏡なしではパソコンも打てないくらい視界が悪いのに。

ある日、お弁当箱のご飯の下から、何かプラスチックの封を切った切れ端が・・・。

目が悪いって、ちょっと不便ですね。

 

 

 

広告を非表示にする