気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

水ピカ

洗剤もミニマムに。

水ピカ。アルカリ電解水です。

 

 

重曹だと粉っぽく白残りしてしまいますが、これは水なのでサラッと拭き取るだけでOK。

うちはクッションフロアなので、たまの床拭きにも重宝します。

スプレーボトルに10倍に薄めて常備。

油汚れの落ち具合は感動です。

消臭にもよいらしい。

 

成分が水なので、使い方も気にせず大雑把に扱えるのが嬉しいです。

2Lを薄めて使うので、かなりのコストパフォーマンスですよね。

保管は場所を取りますが、他の洗剤がいらないのでその分スッキリできます。

 

油汚れの水ピカと、水垢汚れのクエン酸

あとオキシクリーンとメラミンスポンジで大体のお掃除はなんとかなっちゃうかな、と思います。

 

アルミはダメなのと、手の脂も奪ってしまうのでビニール手袋はした方がいいみたい。

窓枠は大抵アルミサッシだと思うので、ここは注意が必要なようです。

 

食器洗い洗剤をマジックソープにと考えているので、水ピカと半々でどうかな、と作戦中です。

漆器には使わないほうがいいみたいなので、やっぱり油汚れにだけスプレーするのがいいかしら。

まだ前の洗剤があるので、なくなったらチャレンジしてみます。

 

洗剤ってコマーシャルにつられて、ついつい何用、どこ用、と揃えてしまいますよね。

専用洗剤のほうが効くのかしら、と思います。

もちろん、そのために使い勝手とかも研究したうえでの商品ですから、よいことはよいはずですが、基本は酸性とアルカリ性の二通りで十分なのかもしれません。

いえ、その性質を考えるのが面倒かつ、よくわからないから専用洗剤に頼ってしまうと思うんですけどね。

化学反応って難しいし、知らないことは怖いし。

 

素人判断は危険ですから、目の前にある洗剤を使えば安心っていう思考時間のミニマムには、専用洗剤は便利かとも思います。

お掃除って奥が深い・・・。

 

広告を非表示にする