気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

食器考

先日ガラスボウルを新しく買いました。

必要があって、用途に応じたお買い物だったので、それに関しては十分満足しています。

 

iwaki ベーシックシリーズ ボウル 外径18cm 900ml KBT322

iwaki ベーシックシリーズ ボウル 外径18cm 900ml KBT322

 

 

気になるのは、このボウルで麺類はアリなのか、ということ。

うちにはラーメン丼がなくて、でもラーメンにしか使えないようなものは買えないし。ラーメンなんてめったにしませんが、今は片手鍋で作り、大きめのおわんでおかわりして食べてる感じですね。

そうめん冷や麦も今年はしませんでしたが、これに氷水と麺を入れて食卓で食べても大丈夫でしょうか。

今はガラスの大きな器が貰い物であるのでそちらを使うのですが、その器が、大きいし深いし、冷たいものにしか使えないし、いかにもそうめんって感じの和風で、あまり気に入ってはいないんです。

 

ミニマムにしていくためには、固定概念を外し、柔軟に考えることが大切。

なので、このボウルに関しても使い道を限定せず、いろいろ活躍してくれたらいいな、と思っているんです。

ただ、こと食器に関しては持たなすぎるのも、心が貧しくなりそうで。

 

インスタントラーメンを、片手鍋からそのまま食べるのとか、スーパーのお惣菜をプラ容器のまま食べたりとか。

他のことでは手抜きが立派なミニマリズムに感じるのですが、食事に関して手を抜きすぎたり、頓着しなさすぎるのは、いくらひとりとはいえ違うかなあと思いました。

食事は見た目でも楽しむものだから、ということでしょうか。

 

もちろん個人の感じ方なので、線引きはいろいろだと思います。

オシャレな鍋なら、食卓へそのまま出しても大丈夫、というのもありますしね。

じゃあ、オシャレな片手鍋だったら、ラーメンそのままでも気にならないか、とか。

洗い物少なくするために、なんでもワンプレートで済ませてしまうのか、とか。

かといって、ラーメンを美味しく見せるラーメン丼、そばを美味しく盛るざるせいろ、

ステーキをじゅうじゅうで出す鉄板、とすべてを揃えるのはむつかしいし。

 

洋服と同じように食器も、自分の好みやTPOを考えて、使い勝手がよくかつ食事が楽しくなるようなものを揃えていきたいな、と思いました。

さしあたって、ラーメンは私にとっては必食メニューではないので、ラーメン丼についてはおいおい考えていくことにして。

そうめんも、水を張らなければ深めのプレートでおかしくないんです。自分的には。

まあ、すべて自己満足ですからね。

食器は貰い物やら、さしあたり、で近所の店にあるものを買ったものがほとんどなので、もう少しお気に入りを選んでいきたいところです。

 

(アウトレット込み)しのぎ 5寸皿 (白結晶)

(アウトレット込み)しのぎ 5寸皿 (白結晶)

 

 しのぎのプレートが欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする