気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

所有欲

本を読むのが好きです。

確か小学生くらいのときから、図書館に行ってたくさん読んでいたと思います。

誕生日やクリスマスのプレゼントは本を買ってもらっていて、青い鳥文庫とか読んでいました。

その中の『クレヨン王国  月のたまご』シリーズを読み始めたら、どんどん続くじゃないですか!

結局パート8まで購入し、ズラッと並んだ背表紙に収集癖がくすぐられたのを覚えています。

やっぱり、揃っている方が気持ちいい。

もっとズラッと並べたい。

その後ティーンズ文庫とかもちまちま集めて、マンガ本も全巻揃えるのがお約束。

自分の本棚、というのに大変満足していました。

 

徐々に増える本について思ったのが、これは私が所有する意味があるのか、ということ。

 

買ったときは気に入って、手元に置きたいと思った本です。

でもそれも永遠じゃない。

世の中にはもっとたくさん本がある。

全てを手に入れることはできない。

 

じゃあなんで私はわざわざ所有するんだろう。

読むだけなら、図書館でも借りられるのに。

そんなことを思った気がします。

 

それから、自分の所有欲というものを意識するようになりました。

 

本当に必要なものか。

私の小さな所有欲を満たすためのものではないのか。

 

私の持たない暮しの原点はここだと思います。

 

もちろん、所有欲をゼロにすることはできません。

オトナになると、その対象が靴になり、バッグになり、ブランド品になり、余計に厄介になっています。

 

それでも、所有欲と必需品のバランスを考えながら、お気に入りと私のよい関係を築いていきたいと思います。

 

クレヨン王国 月のたまご PART1 (講談社青い鳥文庫)

クレヨン王国 月のたまご PART1 (講談社青い鳥文庫)

 

 

なつかしーなー。

実物を持っていなくても、懐かしい、という気持ちだけで人間十分なんですよね。

 

 

 

広告を非表示にする