気ままに生きよ

気ままに わがままに 自分らしく

あんまり自慢できるようなモノって持ってないんですが、コレはちょっと自慢。

 

 

ワンギー(寒竹)ハンドルの黒い傘。

これを買いに仕事帰りの雨の中、初めて青山というところへ降り立ちました。

 

ユニクロ500円の傘がついに寿命を迎え、そろそろいい傘が欲しいな、と思ってデパートの傘売り場を徘徊してたころ。

ブランド傘だと、どのブランドが「らしい」かな、とか、あまりブランドロゴがいっぱいなのも・・・と思って、買いあぐねていました。

ネットでも散々探して、一目惚れしたフォックスアンブレラ。

しかし驚愕のお値段。

 

いくら気に入ったものを、と言っても傘にこのお値段は、ちょっとバランスおかしいです。

もう少しお手頃価格で、似たようなものはないものか、とまたネット徘徊。

ホント、寝る間も惜しんで検索し、見比べ、悩みました。

でもないんですよ!この完璧なデザイン!

 

閉じると折れそうにスリムなスタイル。

首の長い持ち手。自然の寒竹。

開くときれいな骨のカーブ。

誰もが振り返る美人さんです。

 

多骨傘だと開いたときはきれいですが、閉じると伊達巻みたい。重たそう。

長傘は持ち歩くときに持ちたい傘じゃないとダメだと思うんですよね。

晴れてるときの傘って、無用の長物以外の何物でもない。

だから、置き忘れちゃったり。

 

お気に入りがあると、他のが欲しいっていう気になりません。

雨の日も、この傘がさせると思うと嬉しくなります。

これは絶対失くしたくないので、公共の場所で預けなきゃいけなくなるようなところへは持っていきません。

みんなと一緒の傘立てにはさしません。

でも、万が一何かあっても、永遠の名品はまた手に入る安心感♡

 

イギリス紳士は傘はきれいに細く巻き、霧雨の中広げずに颯爽と持って歩くのがイカしてるらしいです。

 

この傘と、イヴサンローランの赤い傘と、台風用の無印良品の傘。

無敵です。

さらに、レイングッツ、続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする